自分のこと。ときどき親のこと。 記事一覧

私の人生は私のもの… 最終回(太田 差恵子さん)

自分のこと。ときどき親のこと。

テレビを見ていると、79歳で宅建(宅地建物取引主任者資格)を取得し、80歳で不動産業を始めた女性が紹介されてい... 続きを読む

いつかは自分にも必要な「終活」 第11回(太田 差恵子さん)

自分のこと。ときどき親のこと。

「終活」といえば、いちばんに思い浮かぶのはお墓や葬儀のことでしょうか。確かに同世代以上の友人らと話しているとき... 続きを読む

今後、なん人をささえることに? 第10回(太田 差恵子さん)

自分のこと。ときどき親のこと。

各地での講演後、たいていどなたが「ちょっとお聞きしたいんですが」と声を掛けてこられます。... 続きを読む

今後、どこで暮らす? 第9回(太田 差恵子さん)

自分のこと。ときどき親のこと。

先日、講演を終えたところで参加者の50代くらいの女性の方が「少しいいですか」と話し掛けてこられました。... 続きを読む

もしも自分が入院したら…? 第8回(太田 差恵子さん)

自分のこと。ときどき親のこと。

前回、「子の世話にはならない」と希望するなら、何がしかの準備が必要なのではないかと書きました。... 続きを読む

もし自身が要介護になったなら? 第7回(太田 差恵子さん)

自分のこと。ときどき親のこと。

団塊世代のA子さんにインタビューすると、「もし自分が要介護になっても、子の世話にはならないわ」ときっぱり。自身... 続きを読む

「友人は財産!」 第6回(太田 差恵子さん)

自分のこと。ときどき親のこと。

先日、調べごとでネットをさまよっていたとき、たまたま「人づきあいと幸福度との関係」というレポートが目にとまりま... 続きを読む

「配偶者、きょうだい、子ども…、関係は良好?」 第5回(太田 差恵子さん)

自分のこと。ときどき親のこと。

以前インタビューをした女性Aさん(60歳)が、こんなことを話し、思わず吹き出したことがあります。 「『会... 続きを読む

「自身の体調不良、無視しないで!」 第4回(太田 差恵子さん)

自分のこと。ときどき親のこと。

昭和35年生まれの私のまわりは、同級生が集まれば、必ずと言っていいほど「親」のことが話題にのぼります。 ... 続きを読む

いつかは2人暮らし? ひとり暮らし? 第3回(太田 差恵子さん)

自分のこと。ときどき親のこと。

シングルが増えています。  50歳時点で1度も結婚していない人の割合を「生涯未婚率」といいますが(「余計... 続きを読む

「あなたはいつまで働きますか」 第2回(太田 差恵子さん)

自分のこと。ときどき親のこと。

パオッコのコアメンバーにokeさんという社会保険労務士(男性)がいます。私とほぼ同世代。  先日、彼と年... 続きを読む

「自分のこと。ときどき親のこと~自身のライフデザイン、考えていますか?」 第1回(太田 差恵子さん)

自分のこと。ときどき親のこと。

オヤノコト.netを見ている「子」のあなた。 親にはいつまでも元気でいてほしい… 親が元気なうちに親孝行し... 続きを読む

オヤノコトコラム

オヤノコトマガジン

オヤノコトマガジン

◎オヤノコト.マガジン25号

親世代も子世代も知っておきたい老後のお金~医療・介護のこと
●「オヤノコト」相談室開設のお知らせ
●「親の暮らし方を考える」 編集部レポート ほか

おすすめコラム

贈与の話⑦ 賢い生前贈与3 第16回(斎藤 英一 先生)
贈与の話⑦ 賢い生前贈与3 第16回(斎藤 英一 先生)

斎藤 英一 先生
税理士・行政書士・ファイナンシャルプランナー

親のことを知る 第16回(山口 里美 先生)
親のことを知る 第16回(山口 里美 先生)

山口 里美 先生
司法書士・行政書士・フランチャイズアドバイザー・大人片づけインストラクター

体験入居の応募はこちら
ひとごとではない介護離職。親が老人ホームで「暮らす」という選択。(終了)
セキスイハイム。高齢期の暮らし方と資金について考える。セミナー&見学会。(終了)
元気なうちに住みかえる「これからのシニアの暮らし方セミナー」(終了)
介護離職対策サービス
オヤノコト.ステーション
意識調査
オヤノコト.サミット 2015
オヤノコト最新情報は、facebook・twitterをチェック!