35歳を過ぎたらオヤノコト!ご一緒に、これからの暮らし、
親子のコミュニケーションを考えていくサイトです。

文字サイズ:

親のこと、老後のことのご相談はこちら
03-6265-0446

施設種別

高齢者施設とは?

高齢者施設とは、高齢者が暮らす環境とサービスを付加した多種多様な住まいや施設の総称です。公共福祉施設と民間サービス施設に大別されます。公共福祉施設としては代表的なものに「特別養護老人ホーム(特養)」が挙げられます。民間サービス施設としては「有料老人ホーム」や「サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)」などが挙げられます。

有料老人ホームとは

有料老人ホームとは

有料老人ホームとは、公共福祉施設ではなく民間経営の高齢者向けの「住まい」です。高齢者の生活に対応した、食事、介護、家事、健康管理などのサービスを包括的に提供しています。入居時の条件により「自立型」「介護型」に大別され、公的介護保険による介護サービスの提供の有無により「介護付」と「住宅型」に分類されます。サービス内容により低額のホームから高額のホームまで様々です。

サービス付き高齢者向け住宅とは

サービス付き高齢者向け住宅とは

サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)とはバリアフリー仕様の居室、生活相談員の常勤、安否確認や生活相談サービスを提供するなどの環境を整えた「高齢者向けの賃貸住宅(マンション・アパート)」です。基本サービスは「安否確認」と「生活相談」で、食事・生活支援・介護などは必要に応じてオプションとなるのが一般的です。自立者向けと要介護者向けがあります。

シニア向け分譲マンションとは

シニア向け分譲マンションとは

シニア向け分譲マンションとは、高齢者向けのサービスを付加した分譲マンションです。取扱い上は高齢者施設には該当せず一般的な住宅(マンション)となります。よって高齢者に関する法律や制度による義務や制限がないので、付加サービスは事業者の裁量に委ねられています。最大のメリットは「所有権」のため、資産になるということです。

施設選びのポイント

施設選びのポイント

高齢者施設のなかでも特に有料老人ホームとサービス付き高齢者向け住宅には、入居時の身体状態に応じて、自立者向けの「自立型」と、要介護者向けの「介護型」があります。そのどちらも兼ねているのが「混合型」と呼ばれています。最初にその見極めが必要です。他の施設もそれぞれ対象となる利用者に関しての「さまざまな条件」が決められているので、施設を選ぶ際は最初に「入居条件」を確認することが必須となります。

事業者別老人ホーム一覧

株式会社ヘルスネットワーク

株式会社東急イーライフデザイン

京王ウェルシィステージ株式会社

株式会社太平洋シルバーサービス

三井住友海上ケアネット株式会社