親にやさしい家電選びを考える 第三回 ~ポイントは、画面の大きさとボタンの押しやすさ~

親にやさしい家電選びを考える 第三回 ~ポイントは、画面の大きさとボタンの押しやすさ~

 

親世代にこそ、スマートフォン!?

 平成23年の通信利用動向調査(総務省)によれば、スマートフォンの所有率が60%を超えるにも関わらず、60代以上では数%しかないことをご存知でしょうか。
  ちなみに携帯電話は60歳以上の80%にまで普及していることを考えれば、スマートフォンは親世代には、まだまだ浸透していないことがわかります。
  では、親世代は本当にスマートフォンに興味がないのでしょうか? そんなことはありません。
  「オヤノコト」編集部スタッフ同士や「オヤノコ卜」読者のみなさんとお話していると、「タブレット端末を実家に持っていったら、そのまま取られてしまった」なんて話をよく耳にします。実はスマートフォンやタブレット端末に興味津々の親世代って意外に多いように思います。

70~80代の親世代が仕事で使う、タブレット端末

 ところでみなさんは徳島県上勝町にある株式会社いろどりを知っていますか?
日本料理の飾りに使う花や葉っぱを育てていて、料亭や旅館に販売する事業で話題のこの会社、スタッフの大半が親世代の女性です。テレビや新聞でも時々話題になっているのでご存知の方も多いと思いますが、この会社では生産者の親世代(70代~80代)が商品の受注にタブレット端末を活用しています。
タブレット端末は、タイムリーに注文を取ることができるので、それが売上アップにつながると評判もよく、しっかり使いこなしていると言います。
これまでは、注文が入ると、PCやFAXで発注を受けていたのですが、これでは畑で作業をしているときや外出している時などには受注できないことから、タブレット端末を導入。ボタンを大きくしたり、シンプルなアプリを開発し、その日の売上を簡単にチェックできる機能なども用意した結果、大活躍しているのです。
まさに、スマートフォンやタブレット端末は使いやすいし、文字を簡単に拡大できるため、本来であれば親世代向きの端末と言えるのではないでしょうか。
ただ、「販売店に行って若い店員さんに聞くのも気が引ける」とか、「使いこなせるまで時聞がかかりそうだ」といったネガティブなイメージが先行したり、元々スマートフォンが20~40代前半をターゲットにデザインされているため、画面の大きさや文字・アイコンの配置、ボタンの押しやすさなどが親世代にはとまどうこともあるのでしょう。それが理由で、親世代には普及しなかったのが現実です。
ところが、ここに来て親世代にも使いやすいスマートフォンが続々登場しています。
「ウチの親は携帯電話も使いこなしていないからなあ・・・」などと考えずに、「そろそろスマートフォンにしてみる?」と私たちから声をかけてみてはいかがでしょうか?

編集部コラム

 携帯電話、スマートフォン、タブレット端末利用について、それぞれ世代別の人口普及率を端末別のインターネット人口普及率(総務省調べ)でみると、従来型携帯電話は、50代までの幅広い世代で4割を超える利用率に達しており、60代以上では、自宅パソコンからの利用率を上回っています。その一方で、スマートフォンは、20代は4割を超えるものの、世代間の差が大きいことがわかっています。

端末別インターネット利用(世代別人口普及率)

ピックアップ「オヤノコト」家電
編集部体験レポート「スマートフォン編」

取材協力:ビックカメラ有楽町店

今回試してみたのはコレ!
「シンプルスマホ」 ソフトバンクモバイル株式会社

 「そろそろスマートフォンを」なんて考えていそうな親世代って意外と多そうですね。とはいえ、「設定が面倒そう」「使いこなす自信がない」「アプリって何?」など、導入のハードルが高いのも事実。
そこで、ソフトバンクのスマートフォン「シンプルスマホ」を試してきました。

家電のプロに聞いてみました!

携帯電路と同じような電語・メール
の押しボタン。ワンタッチでホーム
画面に。
 本体前面に「電話」「ホーム」「メール」の3つのボタンを搭載し、スマートフォンの操作に慣れていない親世代でも、電話やメール機能に確実にアクセスできるほか、「触れる」と「押す」の操作を判別する「かんたん押し感タッチ」、画面を虫眼鏡のように拡大できる「かんたんズーム」など、親世代にとっての使いやすさを重視した一品。
さらに、「スマートフォンは料金が高そう」と二の足を踏んでいる親世代も多いのでは?と質問してみたところ、「専用のパケット定額サービスがあるので、月2,980円でメールやインターネットが使い放題です」と野嶋さん。
かんたんズームで見たい画面を拡大
できます。
「スマートフォンは設定が大変」という心配も無用。アプリの追加ダウンロードはできませんが、インターネットやカメラ、地図、辞書や電卓など、最初から親世代に必要な機能つき」。また、タッチ操作でうっかり触れて反応するのが心配という方のために、ボタンの表示を軽く押し込んで決定するようになっています。電話機能も「ノイズキャンセル機能で人間の声を強調するので、相手の声がはっきり聞こえます」と、これまたうれしい。
最近なんとなくスマホに関心ありそう・・・と感じたら、試しに行ってみては?

 今回ご紹介した商品は、全国のビックカメラ及びコジマ全店舗で取り扱っております。



ビックカメラ有楽町店
携帯コーナー
担当:野嶋 優 さん

ビックカメラ有楽町店
 

編集部直通メールはこちら

企業紹介

ソフトバンクモバイル株式会社

ソフトバンクモバイル株式会社
ソフトバンク携帯電話から157(無料)
一般電話から
フリーダイヤル:0800-919-0157
自動音声応対サービス(24時間)
オペレーター対応(AM9:00~PM8:00
ただし一部のお問合せを除く)

※海外からはご利用いただけませんのでご了承ください。


親にやさしい家電選びを考える バックナンバー

親にやさしい家電選びを考える 第三回 ~ポイントは、画面の大きさとボタンの押しやすさ~
親にやさしい家電選びを考える 第二回 ~人数や動きに合わせて、温度・風向きをコントロール~
親にやさしい家電選びを考える

オヤノコト.ナビ

オヤノコトマガジン

オヤノコトマガジン

◎オヤノコト.マガジン25号

親世代も子世代も知っておきたい老後のお金~医療・介護のこと
●「オヤノコト」相談室開設のお知らせ
●「親の暮らし方を考える」 編集部レポート ほか

おすすめコラム

贈与の話⑦ 賢い生前贈与3 第16回(斎藤 英一 先生)
贈与の話⑦ 賢い生前贈与3 第16回(斎藤 英一 先生)

斎藤 英一 先生
税理士・行政書士・ファイナンシャルプランナー

親のことを知る 第16回(山口 里美 先生)
親のことを知る 第16回(山口 里美 先生)

山口 里美 先生
司法書士・行政書士・フランチャイズアドバイザー・大人片づけインストラクター

体験入居の応募はこちら
ひとごとではない介護離職。親が老人ホームで「暮らす」という選択。(終了)
セキスイハイム。高齢期の暮らし方と資金について考える。セミナー&見学会。(終了)
元気なうちに住みかえる「これからのシニアの暮らし方セミナー」(終了)
介護離職対策サービス
オヤノコト.ステーション
意識調査
オヤノコト.サミット 2015
オヤノコト最新情報は、facebook・twitterをチェック!