親の暮らし方を考える~親が自分の時間を自由に過ごすための「近居」のススメ~

親の暮らし方を考える~親が自分の時間を自由に過ごすための「近居」のススメ~
いつも子どもや孫のことを気にかけてくれる親世代。
「これからもずっと元気でいてほしい、そして、できれば近くに居てくれたら」と思うことはありませんか?
東京近郊に住まう子世代にとって、まだまだ元気な親が自分の時間を自由に堪能できるアクティブな近居が実現できたら・・・と思う人も多いのではないでしょうか?
そんな家族の想いを応援する住まいのひとつとして、三井の賃貸レジデンス「パークアクシス月島 マチュアスタイル」をレポートしました。

聞き手:オヤノコト.マガジン編集部

親の自由な暮らし方の選択肢のひとつとして都心を選ぶ

「パークアクシス月島 マチュアスタイル」は、東京メトロ有楽町線「月島駅」から徒歩1分の場所にあります。ここは“アクティブシニア向け賃貸レジデンス”として三井不動産レジデンシャルが提案する新しいタイプのマンション。
さっそく、その新しいコンセプトについてお話を伺いました。
「親世代は、仕事に遊びにとバイタリティーあふれる方がたくさんいらっしゃいます。その方々に、気軽に住み替えられる賃貸マンションで、自由に、充実した暮らしを送っていただきたいと思っています」と三井不動産レジデンシャルの林さん。

都心までのアクセスも電車に乗れば銀座まで4分、東京駅へは7分と便利な場所にあります。「買い物はやっぱり銀座」「歌舞伎が好きで、毎月歌舞伎座に通いたい」という親世代も、この近さなら気軽に出かけられそうです。ショッピングにも、友だちと食事をするのにも、思い立ったらすぐに銀座・有楽町に出かけられるのは活動的な親世代にとっては大きな魅力になりそうです。

パークアクシス月島 マチュアスタイル

その一方で、編集部が周辺を歩いて感じたのは、昔ながらの下町の雰囲気が残る街並み。商店街やスーパーも至近で日常の買い物も便利なだけでなく、隅田川もすぐそばを流れ、空が広く、緑も多い、周辺を散歩するだけでも気持ちが良さそうな環境です。
親に近居を勧める際、自分の時間を楽しむ暮らし方が実現できる選択肢として、銀座至近の「パークアクシス月島 マチュアスタイル」の“アクティブシニア向け”というコンセプトは響きそうな気がしました。

親の暮らしに安心感を与えてくれるアソシエの存在

アクティブとはいっても、生活の中に少しずつ億劫なことや不安なことも出てくるのが親世代。自由な時間を楽しみたいけれど、身近に誰かいてほしいときもあります。そこで、編集部が着眼したのが「アソシエ」の存在。クリーニングや宅配便の受付のほか、管球交換や粗大ごみの運搬など「ちょっとお願い」できるくらいの生活サービスを提供し、快適な生活をサポートしてくれるのは便利です(一部有償)。

次に気になるのが、親の健康のこと。ここではタニタ健康プログラムが導入されており、活動量計で健康データを記録したり、保健師の資格を持つアソシエに健康相談をすることができます。さらに、提携するフィットネスクラブ(徒歩8分)で最適な運動メニューも提案してくれるそう。近居を勧める子世代にとっても、説得ポイントになるサービスですね。

パークアクシス月島 マチュアスタイル

また、焼き立てパンやコーヒーを提供する朝食サービスは無料でいただけます。その日の気分でアラカルトメニューの注文も可能です(有料)。朝食の準備や片付けが億劫に感じるときは魅力的。
アソシエの増田さん(写真)によると「朝食が入居者の方と最も接点のある時間です。目と気を配りながら、場を温めています」と、このつかず離れずの距離感がいいですね。

パークアクシス月島 マチュアスタイル

アソシエや入居者どうしの交流がある住まい

1階のパブリックリビングは、アソシエや入居者どうしの“緩いつながり”の場にもなっています。取材に伺ったときも、「おかえりなさい」「今日は風が強いですね」という会話が交わされていました。もちろん、会釈だけの方もいますので、「入居者の方が望まれる距離感を察知して、その方に合わせたサービスを心がけています」と増田さん。さっぱりとした関係が多い都会のマンション。アソシエの存在が一味違う温かみのある雰囲気をつくっているかもしれません。

パークアクシス月島 マチュアスタイル

最近は入居者どうしの関係も広がっているそうで、朝食時に話が盛り上がり、パブリックリビングのテレビを囲んでサッカー観戦会が開かれるなど「入居者の方から声があがり、ここでのコンセプトに近い暮らし方が自然に実現したんです」と林さん。20代や30代の入居者と多世代交流もはじまっていると聞いて、サービス付き高齢者向け住宅や自立型の老人ホームとは違う、新しい親との暮らし方の可能性を感じました。

パークアクシス月島 マチュアスタイル

分譲マンションレベルの上質な居住空間

「子どもたちが巣立って、今の家は広すぎる。掃除も手入れも大変」と、親世代の本音…子世代としては、「早いうちに住み替えてもらいたい」と思いつつも、終の棲家を決めるとなると踏み出せない家族も多いのではないでしょうか。それだけに、一旦都心の賃貸マンションで近居してみるという選択肢はアリだと思います。「賃貸住宅は仕様がね…」と言う声も聞きますが、ここは床暖房や食洗器、ディスポーザーなどが備わっていて、分譲マンションレベルの設備なので親世代も満足してくれそうです。

パークアクシス月島 マチュアスタイル
親が都心に住んでいると、通勤時に気軽に会いに行けるのもポイント。「ここで子世代家族と集合して、朝食を一緒にとって出掛けるシニアの方もいらっしゃいます」と増田さん。親には親の人生があります。そんなお互い心地よい近居が実現できれば、こんなにうれしいことはありません。このマンションはそのひとつになり得るかもしれないと思いました。

「パークアクシス月島 マチュアスタイル」の暮らし方 ここがオススメ!

「パークアクシス月島 マチュアスタイル」は、サービスだけでなく都心までの距離や周辺環境など、暮らされる方の選択肢は多いと思います。暮らし方は人それぞれですので、ぜひ活用していただきたいです。また、他の入居者の方と関わる機会が多いほど、良さを感じていただけると思っています。入居者の方は皆、ここのコンセプトを気に入ってくださって入居されているので、みなさまを温かく迎え入れてくださると思います。まずは、体験入居をしてみてください。
物件概要
「パークアクシス月島 マチュアスタイル」 物件概要 ◎所在地/東京都中央区月島一丁目3番12号(住居表示)◎交通/[電車]東京メトロ有楽町線・都営大江戸線「月島」駅徒歩1分◎構造・規模/RC造、地上12階・地下1階◎総戸数/47戸◎賃貸戸数/47戸◎間取り・専有面積/Studio、1LDK、2LDK(40.03m²~68.86m²)◎駐車場/7台(機械式6台/身体障害者用駐車場:平面式1台)◎駐輪場/56台◎バイク置場/4台◎賃料(月額)/187,000円~311,000円◎管理費・共益費/無し◎敷金/賃料の2ヶ月分相当額◎礼金/賃料の1ヶ月分相当額◎再契約料/再契約賃料の1ヶ月分相当額◎契約期間/2年(定期借家契約・再契約可)◎保険/借家人賠償責任保険付き火災保険要加入◎駐車場使用料(月額)/42,000円(消費税等別)◎バイク置場使用料(月額)/3,000円(消費税等別)◎トランクルーム使用料(月額)/5,000円~8,000円(消費税等別)◎駐輪場ステッカー費用/1,000円(消費税等別)◎設計・監理/株式会社安井建築設計事務所◎施工/清水建設株式会社◎竣工/2015年10月30日◎入居可能日/即入居可※図面と現況が異なる場合は、現況優先とさせていただきます。※先着順申込受付中のため、契約済の場合はご容赦ください。※掲載の写真は2015年4月~2016年3月に撮影したものです。※住戸内写真はモデルルームを撮影したもので、家具調度品等は実際に設置されません。※徒歩分数は80mを1分として算出し、端数は切り上げております。※サービスの内容は、変更になる場合がございます。◎情報登録日/2017年3月22日

「パークアクシス月島 マチュアスタイル」にご興味のある方は・・・

企業紹介

<お問合せ>
三井不動産グループ レジデントファースト株式会社 三井不動産レジデンシャル・三井不動産レジデンシャルリース

オヤノコトマガジン

オヤノコトマガジン

◎オヤノコト.マガジン25号

親世代も子世代も知っておきたい老後のお金~医療・介護のこと
●「オヤノコト」相談室開設のお知らせ
●「親の暮らし方を考える」 編集部レポート ほか

おすすめコラム

贈与の話⑦ 賢い生前贈与3 第16回(斎藤 英一 先生)
贈与の話⑦ 賢い生前贈与3 第16回(斎藤 英一 先生)

斎藤 英一 先生
税理士・行政書士・ファイナンシャルプランナー

親のことを知る 第16回(山口 里美 先生)
親のことを知る 第16回(山口 里美 先生)

山口 里美 先生
司法書士・行政書士・フランチャイズアドバイザー・大人片づけインストラクター

体験入居の応募はこちら
ひとごとではない介護離職。親が老人ホームで「暮らす」という選択。(終了)
セキスイハイム。高齢期の暮らし方と資金について考える。セミナー&見学会。(終了)
元気なうちに住みかえる「これからのシニアの暮らし方セミナー」(終了)
介護離職対策サービス
オヤノコト.ステーション
意識調査
オヤノコト.サミット 2015
オヤノコト最新情報は、facebook・twitterをチェック!