離れて暮らす親を電気で“見守り”「元気だけどちょっと心配…」を解決!

離れて暮らす親を電気で“見守り”「元気だけどちょっと心配…」を解決!
「今は元気だけれど、将来を考えるとちょっと不安…」と、ご両親が暮らすご実家に関西電力の見守りサービス『はぴeまもるくん』の導入を決断した喜多 恵さん(兵庫県)。電気使用量からご両親の生活リズムを推定し、「いつもと違う!」をお知らせしてくれるこのサービスを利用し始めてから、「両親とこまめに連絡しあうようになった」といいます。
そんな“電気でつながる”喜多 薫さん・恭子さん・恵さん親子の1日に密着させていただきました。

聞き手:オヤノコト.マガジン編集部

「いつもと違う!」を知らせてくれる“安心感”

喜多さんのご実家では、毎朝7時前後に、お母さまが朝食の準備を始めるところからスタートします。

「朝のうちに家事を済ませ、午後からは夫婦で大阪や神戸まで買い物に足を伸ばすことも多い」というお母さま。それが喜多さん宅の“生活リズム”として定着しているようです。
ご両親がこうした「いつもと同じ」生活リズムで過ごされている時には、『はぴeまもるくん』から娘の恵さんに安否を知らせるメールが届くことはありません。

しかしこの日は午後からご夫婦それぞれお友だちとの食事会へとお出かけ。楽しい時間を過ごし、戻ってきたのは夜になってから。当然、いつもよりも遅い時間まで電気の使用が続きます。

はぴeまもるくん ▲長時間のお出かけなど、生活リズムの“異変”をメールで知らせてくれる

すると、恵さんのもとには「1日の終わりがいつもと異なるようです」と、ご両親の生活リズムの“異変”を知らせるメールが。その内容に心当たりのなかった恵さんは、さっそくご実家へ連絡。ご両親の無事を確認すると同時に、お互いの1日を報告しあうなど、しばし親子の会話を楽しんでいました。

はぴeまもるくん ▲『はぴeまもるくん』をきっかけに会話の機会もグンと増えたのだとか

身近な電気だからこそ、
離れて暮らす両親の「日常」が見えてくる!

「日ごろからメールやLINEで、両親とこまめに連絡を取るようにしている」という恵さん。とはいえ、ご自身もお仕事を抱える身。忙しい時期は気になりつつも、連絡や帰省が遠のいてしまいます。また、ご両親のどちらかが旅行で留守にするときなどは、いつも「一人で大丈夫かな…と心配していた」と振り返ります。

『はぴeまもるくん』は、そんな時でも「いつもと違う!」を判断しメールやLINEで知らせてくれるので、恵さんも「両親の“異変”がすぐにわかるので、安心感が違いますね」と、うれしそう。また、3時間ごとの電気使用状況も教えてくれるので、ご両親の「普段の様子も想像しやすい」といいます。

はぴeまもるくん ▲3時間ごとの電気の使用状況などもメールやLINEで教えてくれる

また、“見守られている側”であるお父さまも、「通知ボタンや新たな機器の操作もないので、正直、見守られている気がしない」と笑いつつも、何かと連絡をくれる恵さんの様子に、『はぴeまもるくん』による“家族のつながり”をしっかりと実感されているようです。

<ご実家が関西エリアの方>
電気の使用状況から毎日の生活リズムを確認

この『はぴeまもるくん』誕生の背景について、「30分ごとに電気使用量を計測・記録する『スマートメーター』の特性を離れて暮らすご両親の“見守り”に役立てたいとの想いがあった」と語ったのは、サービスの開発を担当した関西電力お客さま本部の山本和孝さん。

喜多さんのご実家のように、すでにスマートメーターをご利用であれば、「新たな機器の購入や操作が不要な点も好評」だといいます。

また、『はぴeまもるくん』は、しっかりと両親の生活の様子や“異変”がわかる一方で、見守る側・見守られる側ともにほとんど負担を感じないというのも魅力的。これなら、離れて暮らす親子はもちろん、「オヤノコト」編集部のスタッフのように高齢の母と同居しているものの「夜遅くまで母が一人でお留守」なんてご家庭にも、大きな安心となってくれるそうです。

はぴeまもるくん ▲『はぴeまもるくん』の利用イメージ。生活リズムを推定し“異変”を知らせてくれる
<ご加入条件>
※関西エリアまたは首都圏エリアにおいて関西電力と電気のご契約があり、かつ、『はぴeみる電』にご登録いただいているお客さまが対象です。
※利用者さまは、関西エリア(一部を除きます)にて、太陽光発電設備をご利用されておらず、ご家庭にスマートメーターを設置しており、電気使用量データが一定期間取得できることがご利用の条件となります。
※関西電力が契約者さまに対して利用者さまの住居の使用電力量の変化をお知らせするサービスであり、利用者さまの緊急事態や安否状況をお知らせするものではありません。
※通信障害等により、一時的または恒常的に本サービスをご利用いただけない場合があります。
※通信機器、ソフトウェアの準備にかかる費用、インターネット接続料、通信料金等は利用者さま、契約者さまのご負担になります。

<ご実家が関西エリア・首都圏エリアの方>
冷蔵庫の開閉状況を用いて、さりげない見守りを

毎日開閉する冷蔵庫の中に、はぴ太のイラスト入り「Fridgeezoo WiZ for はぴeみる電」(※)を設置することで、親世代の冷蔵庫の開閉有無や回数・日時による生活リズムを子世代のメールやLINEへお知らせするサービスです。また、12時間、冷蔵庫の開閉がない時にも知らせてくれます。【利用料:無料、機器購入料:有料】
(平成29年6月30日までに「はぴeプラス」に新たにご契約された方を対象に、抽選で100名さまに「Fridgeezoo WiZ for はぴeみる電」をプレゼント! 詳細は下記をご覧ください)。
「Fridgeezoo WiZ for はぴeみる電」は冷蔵庫の扉を開けるたびに、「おはようございます」「今日の天気は晴れです」など、時間帯や季節に合わせた挨拶もしてくれ、親世代に人気だそうです。

はぴeまもるくん ▲冷蔵庫を開閉による生活リズムをお知らせ
はぴeまもるくん ▲開閉のたびに、はぴ太がご挨拶
※インターネット接続のできるOS 5.0以上のAndroid端末(スマートフォン・タブレット)が別途必要です。
※Fridgeezoo WiZの半径3m以内にAndroid端末(OS 5.0以上)がある場合に限り、本サービスをご利用いただけます。
※Android端末のBluetoothのスイッチを「入」の状態にして下さい。
※お知らせする内容の正確性、安全性、有用性の保障はいたしません。
※通信障害等により、一時的または恒常的に本サービスをご利用いただけない場合があります。
※通信機器、ソフトウェアの準備にかかる費用、インターネット接続料、通信料金等は利用者さまのご負担になります。
※「Fridgeezoo」は株式会社ソリッドアライアンスの登録商標です。

電気の契約を
関西電力に乗り換えませんか?

電気契約を乗り換えて、離れて暮らすご両親の“見守り”も
始めませんか? もしかしたら電気料金もお得になるかも!?
●親子で関西電力にしませんか?~首都圏エリアの家庭向け電気料金メニュー『はぴeプラス』誕生!
低圧で電気の供給を受け、電灯または小型機器を使用している首都圏エリアの方の対象とした『はぴeプラス』が誕生!
ご加入後、関西エリアにお住まいのご両親の“見守り”サービスも利用できます。※(前述の)ご加入条件をご覧ください。
6月30日までに「はぴeプラス」に新たにご契約いただくと、抽選で100名様に冷蔵庫の開閉状況を用いたサービスに必要となる「Fridgeezoo for はぴeみる電」をプレゼントします。
はぴeまもるくん    

「はぴeまもるくん」にご興味のある方は・・・

企業紹介

関西電力

関西電力株式会社
〒530-8270 大阪市北区中之島3丁目6番16号
http://www.kepco.co.jp/

オヤノコトマガジン

オヤノコトマガジン

◎オヤノコト.マガジン25号

親世代も子世代も知っておきたい老後のお金~医療・介護のこと
●「オヤノコト」相談室開設のお知らせ
●「親の暮らし方を考える」 編集部レポート ほか

おすすめコラム

贈与の話⑦ 賢い生前贈与3 第16回(斎藤 英一 先生)
贈与の話⑦ 賢い生前贈与3 第16回(斎藤 英一 先生)

斎藤 英一 先生
税理士・行政書士・ファイナンシャルプランナー

親のことを知る 第16回(山口 里美 先生)
親のことを知る 第16回(山口 里美 先生)

山口 里美 先生
司法書士・行政書士・フランチャイズアドバイザー・大人片づけインストラクター

体験入居の応募はこちら
ひとごとではない介護離職。親が老人ホームで「暮らす」という選択。(終了)
セキスイハイム。高齢期の暮らし方と資金について考える。セミナー&見学会。(終了)
元気なうちに住みかえる「これからのシニアの暮らし方セミナー」(終了)
介護離職対策サービス
オヤノコト.ステーション
意識調査
オヤノコト.サミット 2015
オヤノコト最新情報は、facebook・twitterをチェック!