「オヤノコト.サミット」に行ってきました!

「オヤノコト.サミット」に行ってきました! 「オヤノコト.サミット」に行ってきました!

2008年から続いていた「オヤノコト.エキスポ」が、今年から『オヤノコト.サミット』と名称を変え、3月20~21日に東京交通会館で開催されました。

目を引いたのが、セミナーやワークショップの充実ぶりです。親世代の栄養、認知症、ライフプラン、相続、入院、親の家の片付け……どれも身近で関心のあるテーマばかり。来場者にお話を聞くと、セミナーやワークショップを目的に足を運んだという方が目立ちました。

「それまで元気だった親が脳こうそくになって、突然介護に直面。わからないことばかりなので、勉強しようと思って来ました」という40代の女性は、セミナー3つに参加したいと意欲満々。50代の女性は相続についてのセミナーを受けたあと個別相談も受けたそうです。「お金のことは人によって状況が違うので、個別相談でより理解が深まりました」。

「オヤノコト.サミット」に行ってきました! 「オヤノコト.サミット」に行ってきました!
「オヤノコト.サミット」に行ってきました! 「オヤノコト.サミット」に行ってきました!

私もさっそく参加してみました。「親の家の片づけ」は今注目を集めているテーマ。主婦の友社・古戸郷子先生によるアドバイスは、すぐに実践できそうです。浴風会ケアスクール校長・服部安子先生のワークショップ「認知症の介護家族の悩みに応えて」では、参加者からさまざまな質問が出ました。先生の豊富な経験に基づいた適切なアドバイスに、何度もなるほどとうなずきました。司会の女性も「オヤノコト」世代で介護中。「オヤノコト」について子世代が語り合える場がほしいと意見が一致しました。『オヤノコト.サミット』をきっかけにそんな場が生まれるといいですね。

「オヤノコト.サミット」に行ってきました! 「オヤノコト.サミット」に行ってきました!
「オヤノコト.サミット」に行ってきました! 「オヤノコト.サミット」に行ってきました!

製品やサービスの展示ブースにも来場者の熱心な姿がありました。両親と来場した20代の女性は、聴こえに関心があるとのこと。「パンフレットだけではわからないので、実際に試せるのはいいですね」。お母様が室内で転倒されたという60代の姉妹は、つま先が上がって転倒しにくい靴下に興味を示していました。

担当の方と話してみると、いろいろな気づきがありました。手すりをつける前に、室内で歩行車を使ってみる方法もあること、ITの世界でも終末準備ができること……。例年よりも出展企業との距離を近く感じた『オヤノコト.サミット』でした。

「オヤノコト.サミット」に行ってきました! 「オヤノコト.サミット」に行ってきました!
「オヤノコト.サミット」に行ってきました! 「オヤノコト.サミット」に行ってきました!

取材・文/坂口鈴香、撮影/松永 睦、岸上直大

過去のレポート
オヤノコト.エキスポ

オヤノコトマガジン

オヤノコトマガジン

◎オヤノコト.マガジン25号

親世代も子世代も知っておきたい老後のお金~医療・介護のこと
●「オヤノコト」相談室開設のお知らせ
●「親の暮らし方を考える」 編集部レポート ほか

おすすめコラム

贈与の話⑦ 賢い生前贈与3 第16回(斎藤 英一 先生)
贈与の話⑦ 賢い生前贈与3 第16回(斎藤 英一 先生)

斎藤 英一 先生
税理士・行政書士・ファイナンシャルプランナー

親のことを知る 第16回(山口 里美 先生)
親のことを知る 第16回(山口 里美 先生)

山口 里美 先生
司法書士・行政書士・フランチャイズアドバイザー・大人片づけインストラクター

体験入居の応募はこちら
ひとごとではない介護離職。親が老人ホームで「暮らす」という選択。(終了)
セキスイハイム。高齢期の暮らし方と資金について考える。セミナー&見学会。(終了)
元気なうちに住みかえる「これからのシニアの暮らし方セミナー」(終了)
介護離職対策サービス
オヤノコト.ステーション
意識調査
オヤノコト.サミット 2015
オヤノコト最新情報は、facebook・twitterをチェック!