35歳を過ぎたらオヤノコト!ご一緒に、これからの暮らし、親子のコミュニケーションを考えていくサイトです。

特集 親が元気なうちに、呼び寄せる。住み替える。編集部取材レポート

「元気なうちから住み替える……」
老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅は、介護状態になってから入居するところとは限りません!
今回は以下の4施設を編集部と「オヤノコト」相談員・角田がレポートしてきました。

取材したすべての施設で読者見学会を開催します!

「まだ入居までは考えていない」という人も大歓迎、まずはどんなところか一緒に見に行きませんか?
ほかではなかなか聞けない、選ぶときのチェックポイントなどをわかりやすくご説明します。

■参加費
無料
現地までの交通費はご負担ください。
■定員
5名
※定員になり次第、締切とさせていただきます。
※募集締切は、それぞれの見学会開催日の1週間前となります
■参加資格
ご自身もしくはご家族が、入居を将来的にご検討の方

※集合場所等については、お申し込みいただいた方に別途ご案内いたします。

「オヤノコト」相談員
角田裕之
(株式会社オヤノコトネット)

編集部が聞いた、自立型施設に入居している親世代の本音

  • 妻に先立たれ1人暮らしになり、寂しさ、不安、不便さに耐えられなくなった。「オヤノコト」相談室で、元気なうちに入居する「入居時自立型」の高齢者施設の存在を初めて知り、見学で気に入ったので決めました。今は安心の日々を送っています。(80代男性)
  • 子どもたちには面倒を掛けたくないと考えていた。自宅の老朽化もあったので、75歳になったのを機に、夫婦で温泉地にある有料老人ホームに入居しました。(70代男性)
  • 1人暮らしは不安だったけど、まだ自分の事は何でもできるし自由に暮らしたかったから。(80代女性)
  • 自立型ですが、このホームは「介護付」ということで、将来介護が必要になっても安心して暮らせることが入居の決め手になりました。(80代女性)
  • 元気なうちは制限なく自由に暮らせるということ、部屋も普通のマンションと変わらないので不便さが無い。そのうえ食事の心配が無いことが決め手に。(80代男性)

お問い合わせ・お申し込みはコチラ