2017年01月05日

「これからの親の暮らし方をどうするか」。 親子の会話を大切に…。

離れて暮らす親世代とはお盆と年末年始に顔を合わせるくらい、という人も多いのではないでしょうか?

同居・別居にかかわらず、「元気?」「変わったことない?」といった日常会話はするけれど、これからの暮らし方を親子で共有している人は、ごくわずかのようです。
しかしながら、働き盛りの40 ~50代の「介護離職」は年間10万人を超えています。
「オヤノコト」読者にご協力をいただいたアンケートでも、「親に介護が必要になったときの仕事との両立への不安」について、8割が「不安」と回答。「オヤノコト」読者の介護経験者からは、「早い段階から親と向き合っておけばよかった」という声も多くありました。

家族や親族が集まる年末年始やお盆などは、絶好の機会です。
「これからの暮らし方」について親子で話す貴重な時間にしてみませんか。

2017年1月5日
「オヤノコト.マガジン」編集長
大澤尚宏

お知らせ・ニュースリリース

オヤノコトマガジン

オヤノコトマガジン

◎オヤノコト.マガジン25号

親世代も子世代も知っておきたい老後のお金~医療・介護のこと
●「オヤノコト」相談室開設のお知らせ
●「親の暮らし方を考える」 編集部レポート ほか

体験入居の応募はこちら
ひとごとではない介護離職。親が老人ホームで「暮らす」という選択。(終了)
セキスイハイム。高齢期の暮らし方と資金について考える。セミナー&見学会。(終了)
元気なうちに住みかえる「これからのシニアの暮らし方セミナー」(終了)
介護離職対策サービス
オヤノコト.ステーション
意識調査
オヤノコト.サミット 2015
オヤノコト最新情報は、facebook・twitterをチェック!

おすすめコラム

贈与の話⑦ 賢い生前贈与3 第16回(斎藤 英一 先生)
贈与の話⑦ 賢い生前贈与3 第16回(斎藤 英一 先生)

斎藤 英一 先生
税理士・行政書士・ファイナンシャルプランナー

親のことを知る 第16回(山口 里美 先生)
親のことを知る 第16回(山口 里美 先生)

山口 里美 先生
司法書士・行政書士・フランチャイズアドバイザー・大人片づけインストラクター