35歳を過ぎたらオヤノコト!ご一緒に、これからの暮らし、
親子のコミュニケーションを考えていくサイトです。

文字サイズ:

親のこと、老後のことのご相談はこちら
03-6265-0446

vol.29 配偶者の財産、相続について早めの情報共有を

2019-12-03
Tweet facebook share Email

 筆者のオフィスに最近、相続に関する相談で来られる女性が増えている。

 その際に驚くのが、「ご主人の財産を把握していますか?」という質問に対して意外にも正確に回答できる人が少なく、しっかりと把握されていない方が相当数いることだ。

 ご主人が単独で確定申告や賃貸不動産の管理、株式の取引などを行っていて、それらに関してご存じない奥さんが多いのも事実だし、夫婦間でも財産の話は確かに聞きづらいままきてしまっていることも原因かもしれない。

 しかしながら、厚生労働省の発表によると、男性の平均寿命は81・25歳、女性は87・32歳(2018年度)なので、ご夫婦でも、ご主人が先に亡くなり、奥さんが取り残されるケースが多いというのは言うまでもない。これまで取材した70、80代のご夫婦の場合、たいてい「夫婦が同時に亡くなるわけではないでしょう」と言われる。

 それを前提にして、元気なうちから自立型の老人ホームに入居して、ご夫婦でそれぞれを思いやり、子供にも迷惑をかけないようにという「備え」をしている方々もいる。もちろん、こういう備えは早い方が良い。

 まさに、日本人の健康寿命をみてみれば、男性が72・14歳、女性が74・79歳(16年度時点)なので、仮にご主人や奥さんのどちらかが介護を必要としたり、認知症になったりした場合は、平均寿命までの約10年間を夫婦でどう暮らすのかを真剣に考えておく必要があるのだ。

 万が一、ご主人が認知症になったりした場合、その財産を勝手に処分したりすることもできなくなることを知っていれば、早めにお互いの財産状況などを共有しておくことがいかに大事か分かるのではないだろうか。

 ご夫婦で、誰にどの財産を相続させるか相談するなど、よく話し合ってほしい。そして、例えば早めに遺言書を書いてもらうなど情報共有をして、早い段階から少しずつ対策を行うだけでも大きく違ってくることを知っておいてほしい。



 ■老後のお金や相続…「オヤノコト」相談員がアドバイス

 老後のお金や老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅などの選び方、相続などについて、読者からの相談を個別に受け付けます。「オヤノコト」相談員がアドバイスします。

相談したい方は、「オヤノコト」相談室までご連絡ください。


=夕刊フジより転載

Tweet facebook share Email

掲載の記事・調査データ・写真・イラストなどすべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信などを禁じます。転載・引用に関する規約はこちら>>

このコラムを書いた人:「オヤノコト.マガジン」編集長 大澤 尚宏(Osawa Takahiro)
著書『そろそろはじめる親のこと』(自由国民社)

こちらの記事もおすすめ!