35歳を過ぎたらオヤノコト!ご一緒に、これからの暮らし、
親子のコミュニケーションを考えていくサイトです。

文字サイズ:

親のこと、老後のことのご相談はこちら
03-6265-0446

vol.32 おすすめしたいドキュメンタリー映画 考えさせられる「100歳まで生き抜く覚悟があるか?」

2019-12-17
Tweet facebook share Email

画像はイメージです

 昨年11月に「ぼけますから、よろしくお願いします。」というドキュメンタリー映画が公開されたことを知っている読者も多いだろう。この映画が、今年の10月に文化庁映画賞で「文化記録映画部門」の大賞を受賞した。

 このドキュメンタリーはDVDや書籍にもなっているので、「人生100年」を考える上で、ぜひ見て、読んでほしい作品だとお勧めしたい。

 さて、あらためてストーリーを説明すると、広島県の呉市で育った監督の信友直子さん(ドキュメンタリー制作を主とするテレビのディレクター)は45歳の時に乳がんで闘病、それを支えてくれた母親のおかげで無事生還した信子さんは、これをきっかけに母親と父親の記録の映像を撮り始める。

 しかしながら、その後、母親に微妙な変化が生じ始める。つまり、母親にアルツハイマー型認知症が発症し、90歳を超えた父親が80代後半の母親を介護するという老老介護が始まるのだ。

 ユーモアにあふれ、社交性もある母親にとって、自分がおかしくなっていることに気づきつつも苦悩し、ヘルパーが家事をすることにも抵抗感を示す。家事は自分の領域、家族のために何かをしてあげるどころか、何かをしてもらうことに耐え切れず、自暴自棄になってしまう。

 そして、それまで家事を一切したことがなかった父親が95歳になって料理を作り、スーパーに買い出しに行き、ごみ出しをする、そういう日常の姿を映し出している。

 そんな社会課題を浮き彫りにしつつも、どこか温かい夫婦、親子の愛情を感じ、人が生きるということを考えさせられる映画になっていると思う。

 まさに、この連載は「人生100年 これから、どうする」というテーマで書いているが、95歳の父親と87歳の母親の暮らしぶりをみるにつけ、100年生き抜くということは「100歳まで生き抜く覚悟があるか?」ということを問われているのだろうと、あらためて痛感した。

 これからの時代、100年をどう生き抜くか? この作品を参考にしてほしい。



オヤノコト.ステーションで毎月無料セミナー開催中!詳しくはこちらから!


=夕刊フジより転載

Tweet facebook share Email

掲載の記事・調査データ・写真・イラストなどすべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信などを禁じます。転載・引用に関する規約はこちら>>

このコラムを書いた人:「オヤノコト.マガジン」編集長 大澤 尚宏(Osawa Takahiro)
著書『そろそろはじめる親のこと』(自由国民社)

こちらの記事もおすすめ!