35歳を過ぎたらオヤノコト!ご一緒に、これからの暮らし、
親子のコミュニケーションを考えていくサイトです。

文字サイズ:

親のこと、老後のことのご相談はこちら
03-6265-0446

オリンピックとパラリンピック

2021-08-31
Tweet facebook share Email

画像はイメージです



8月24日から東京2020パラリンピックが始まっています。

「五輪開催国」ということもあるとは思いますが、ゴールデンタイムではないとは言え、テレビで普通にパラリンピックが中継されたり、結果がニュースで報道されるようになったことは昔から比べれば隔世の感があります。

残念ながら、金メダルの獲得数では圧倒的に中国やイギリス、ロシアなどが強いようですが、日本のパラアスリートもこれからもどんどん力を付けてくるでしょうからこれからの活躍がますます楽しみです。

先日、乙武洋匡さんが自身のYouTubeチャンネルで「パラリンピックをなくしたい」と語ったことが話題になりましたが、私もその点はまったく同感です。

今回の東京五輪でも、オリンピックの閉会式が終わってからパラリンピックの聖火リレーや開会式がおこなわれていますが、そこまで区別をする必要があったのだろうか?と思っています。
こういうやり方をしてしまうと、「ああオリンピック終わったな」という印象が強くなるので、パラリンピックへの関心は薄れてしまうし、どこか「障害者の五輪だよね」的なイメージが付いてしまうのではないかと感じました。

それこそ、乙武氏が言うように、オリンピックの中に「車いすバスケットボール」とか「ブラインドサッカー」「ボッチャ」などの競技の部を設けていっしょにしたほうがバリアフリーですし、オリンピックの流れの中で観戦する人も増えるのではないでしょうか。

そもそも、バリアフリー社会を目ざすのであれば、障害の有無にこだわらず公平に社会に参加し、機会の平等が得られることこそが重要です。かのようなオリンピックとパラリンピックの区分けは逆効果だと言っても過言ではないでしょう。

多様性を認め合うとか、ダイバーシティという言葉だけが独り歩きするのではなく、この先まだ時間はかかるかもしれませんが、いつの日かオリンピックとパラリンピックがひとつになり、パラリンピックという概念がなくなる日が来ることを信じて期待したいと思います。

 

Tweet facebook share Email

掲載の記事・調査データ・写真・イラストなどすべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信などを禁じます。転載・引用に関する規約はこちら>>

このコラムを書いた人:「オヤノコト.マガジン」編集長 大澤 尚宏(Osawa Takahiro)
著書『そろそろはじめる親のこと』(自由国民社)

こちらの記事もおすすめ!