35歳を過ぎたらオヤノコト!ご一緒に、これからの暮らし、親子のコミュニケーションを考えていくサイトです。

「情報弱者」の高齢者を災害から守れ

2018-09-14
Tweet facebook share Email
597_ext_09_0.jpg

ここのところ台風が相次いで関東地方をかすめたが、本格的な台風シーズンはこれからといえる。読者の皆さんは、自分の街のハザードマップを見たことがあるだろうか。

7月の西日本豪雨で被害が甚大だった岡山県真備町では、過去にも同じ河川が氾濫しており、洪水ハザードマップでも今回と同じような浸水域を想定していたという。
被害は“想定外”ではなく、“想定内”だったのだ。しかも、死者の7割が60代以上だ。
町はハザードマップを作成し、全戸に配っていたというが、「知らなかった」という声も多く報道されていた。

首都圏に住む筆者の知人も自宅周辺に浸水予想域があるというが、ハザードマップが配られた記憶はないという。災害などがあるたびに、SNSなどで注意喚起されるので、そのリンクから自宅周辺のハザードマップを確認したというのだ。
「情報弱者」と言われる高齢の親世代は、筆者の知人のようにネットで確認することはできない。もし印刷物が配られていたとしても、記憶から抜け落ちてしまえばそれきりだろう。 もちろん、タブレットやスマホなどを持っていない、あるいは使いこなせない高齢者にとってはタイムリーな情報から隔絶され、こうした災害が起こると被害を大きくしてしまうことになる。
以前こんな話も聞いた。広島に両親が住んでいるAさんが電話で様子を聞いても「大丈夫だから心配はいらない」と言うばかり。自宅は浸水を免れたようだが、ライフラインが止まって困っていることもあると思われるのに、そういったことは一切わからないと嘆いていた。 親は離れて暮らす子供に余計な心配をかけまいとする。親が「大丈夫」と言ってもそれを鵜呑みにするのではなく、ハザードマップを確認して注意喚起するなど、天災、災害についても、我々子世代がも何らかのアクションを取ることが大切だろう。

Tweet facebook share Email

掲載の記事・調査データ・写真・イラストなどすべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信などを禁じます。転載・引用に関する規約はこちら>>

116_ext_01_0.jpg
このコラムを書いた人:「オヤノコト.マガジン」編集長 大澤 尚宏(Osawa Takahiro)
著書『そろそろはじめる親のこと』(自由国民社)

こちらの記事もおすすめ!