35歳を過ぎたらオヤノコト!ご一緒に、これからの暮らし、親子のコミュニケーションを考えていくサイトです。

vol.3 家族ときこえを繋ぐ補聴器の役割とは

2017-12-26
Tweet facebook share Email
449_ext_09_0.jpg

毎年1月に開催されている国際家電ショー(International CES)にて2017年、補聴器メーカーが初めて受賞しました。
“家電”のなかに“医療機器“である補聴器が選ばれたのですから、これからのIoT(モノがインターネットのように繋がる)時代は、そんな考え方も変えていかなければならないかもしれません。
機器やネット上のサービスとも繋がって、補聴器自体がIoT機器として扱えるということを考えていくと、先の未来はますます開けていくのではないでしょうか。

難聴からの挫折

449_ext_09_1.jpg

70代男性(Sさん)は現役の調律師で、市民ホールや町の小学校などのピアノの調律を請け負っています。
ところが、ある時期を境に仕事が出来なくなってしまいました。それは過剰に聞こえる耳鳴りとひどい眩暈に襲われてしまったからです。病院で精密検査を受けた結果、メニエール病と診断され、それからは通院と治療を繰り返す生活となりました。長い期間かけてようやく通常の生活に戻ることはできましたが、聴力が低下してしまったため医師からは補聴器の装用を促されました。

私どもが初めてお会いした時は、すでに調律師としての仕事から離れ、外出の機会も減ってしまっている状態でした。まずは、初めて補聴器を試すところから・・・音の聞き分けについて測定してみると、低音が聞き辛く、さらに音の強弱が分からない状況でした。
ここから、音に慣れていくための補聴器との向き合いがはじまりました。最初は少しずつ音を加えることから行うのですが、そのほんの少しの音を増幅しただけでもガンガンするような聞こえと感じてしまう程だったようです。今、振り返ってみると音に慣れるまでの期間は、さぞ苦しく辛い日々だったと思います。それでも音が聞こえてくるたびに少しずつ希望が見え、努力を惜しまず、前を見て取り組んでいただけたことが、お互いの信頼関係が出来上がる貴重な時間でした。

多くの方に素晴らしい音色を届けたい

449_ext_09_2.jpg

ある時、調律の仕事に復帰される転機が訪れました。 それはお孫さんのピアノの発表会があるということで、発表会で使用するピアノの調律をしてもらえないかと依頼を受けたのです。

調律師とは絶対音感という能力だけでなく、相対音感、倍音などの聞き分けができることが大切です。ピアノだけに限らず、楽器の構造を熟知し、演奏者に最高の音を奏でてもらいたい、人々に美しい音色を届け、みんなが幸せな気持ちになってもらいたいと嬉しそうにお話ししてくださいました。

自身の耳の聴こえを良くしたいと願う以上に、多くの方に素晴らしい音色を届けたいと願うその思いに心を打たれました。私も音を届ける仕事としてひとりでも多くの方に「音の素晴らしさ」を届け続けたいと思っています。

Tweet facebook share Email

掲載の記事・調査データ・写真・イラストなどすべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信などを禁じます。転載・引用に関する規約はこちら>>

ヒヤリングストア(株式会社リードビジョン)

332_ext_01_0.jpg
このコラムを書いた人:「オヤノコト」相談員 本間和範
ご家族のきこえについて、気になることはありませんか? 難聴は、言葉の聞き取りの低下に繋がっています。ご家族での会話を楽しむためにも、きこえのお悩みは早めに解決しておきたいもの。 将来に関わる「きこえ」と「補聴器」のご相談について、疑問や悩みなどから解決に向けてアドバイスします。初めて購入する方も、今お使いの方も気になることがありましたら、お気軽にご相談ください(株式会社リードビジョン ヒヤリングストア大森店 店長)。

こちらの記事もおすすめ!