35歳を過ぎたらオヤノコト!ご一緒に、これからの暮らし、
親子のコミュニケーションを考えていくサイトです。

文字サイズ:

親のこと、老後のことのご相談はこちら
03-6265-0446

コロナ禍の「親のこと」アンケート 集計結果資料

コロナ禍の「親のこと」アンケート

  • ■ 回答者の属性

  • [年代]

  • コロナ禍の「親のこと」アンケート 集計結果資料
  • [性別]

  • コロナ禍の「親のこと」アンケート 集計結果資料
  • [居住地]

  • コロナ禍の「親のこと」アンケート 集計結果資料
  • ■ 対象の親の状態について

  • [居住状況]

  • コロナ禍の「親のこと」アンケート 集計結果資料
  • [住まい]

  • コロナ禍の「親のこと」アンケート 集計結果資料
  • [年代]

  • コロナ禍の「親のこと」アンケート 集計結果資料
  • [身体状況]

  • コロナ禍の「親のこと」アンケート 集計結果資料
  • ■ 気になる「親のこと」

  • [外出自粛で「親のこと」を考える機会について]

  • コロナ禍の「親のこと」アンケート 集計結果資料
  • [コミュニケシーョンの機会の変化について]

  • コロナ禍の「親のこと」アンケート 集計結果資料
  • [電話やメール(LINE)・テレビ電話をする機会について]

  • コロナ禍の「親のこと」アンケート 集計結果資料
  • [「コロナ前」と「コロナ発生以後の今」とで、親との関係はどのように変化しましたか? ]

  • コロナ禍の「親のこと」アンケート 集計結果資料

    「変化なし」からの抜粋
    ■コロナ前は、近くだからいつでも会えることがどこか「当たり前」と思っていたけれど、コロナ発生以後、近くにいてもできないことがあるのだということを痛感した
    ■実家に顔を出す回数がやはり減り、電話やLINEなどで会話する機会が増えました。ストレスを減らすため愚痴でも何でも聞いて、とにかく毎回母の気が晴れるまで話しを長時間聞いてます
    ■家族が家にいる機会が増えたので、会話や一緒に何かすることが増えました。一方で、普段目に付かないことが目に付き、お互いに苛立つことも増えた気がします
    ■家にいる時間が長くなり楽しい話も嫌味や愚痴も両方増えて感情の起伏が大きくなりました。
    ■都内で心配なのもありこまめに連絡するようになった。逢えないので孫の顔を見せるためにもテレビ電話を使う機会も増え、お互いを励まし合う優しい言葉の掛け合いが自然と増えた。距離は離れているが今まで以上に心の絆や関係が深まった気がする
    ■以前は頻繁に会いに行っていましたがコロナ禍の今は全く会えていません。その分電話が増えましたが顔が見えないので不安があります

  • [気になり始めた心配事はありますか?]

  • コロナ禍の「親のこと」アンケート 集計結果資料
  • [コロナが落ち着いたら、どんな親孝行をしたいですか?]

  • コロナ禍の「親のこと」アンケート 集計結果資料

    抜粋
    ■自粛で都道府県をまたぐ不要不急のお出かけができないのでしばらく旅行に行けてないので、温泉旅行に子ども(孫のこと)を連れて三世代みんなで行きたいです!
    ■一緒に旅行をする。帰省して家事を手伝う
    ■顔を合わせて話す機会を増やしたい
    ■まず会いに行きたい
    ■すぐに帰省して両親のコロナでの苦労をねぎらいたい。しばらく寄り添ってあげたい
    ■さらにコミュニケーションを増やしたいですね
    ■温泉に泊まりで連れていきたい。ゆっくりとお湯に浸からせてあげて美味しい食事を食べさせてあげたい。
    ■まず、顔を見に行き、話をゆっくり聴いてあげたいです。外食に行っていないので、食べたいものを食べに連れていってあげたいです
    ■一緒に居れる時間を増やしてあげたいです ■会いにいきたいです。一年以上会っていないので、孫に会わせたいです
    ■みんなで御飯
    ■まずはすぐにでも逢いにいって元気な顔を見せる事。(電話でいつも「いつくるの?」と言っているので)母はあまり食欲もないようなのでおいしいものをたくさん食べさせてあげたいです(私がいるとたくさん食べてくれるので)父とは一緒にお酒を飲みたいです
    ■頻繁に会いたい
    ■料理を作って頻繁に持って行ってあげる
    ■密になって食卓を囲みたい