35歳を過ぎたらオヤノコト!ご一緒に、これからの暮らし、親子のコミュニケーションを考えていくサイトです。

PICK UP

  19_ext_01_0.jpg
  18_ext_01_0.jpg
  17_ext_01_0.jpg
  16_ext_01_0.jpg

満員御礼 「オヤノコト」読者と行ってきました!  ゆうゆうの里<伊豆高原>の老人ホーム見学ツアーを開催しました

2017-11-01
Tweet facebook share Email
367_ext_09_0.jpg

人生100年。大切なお金のこと。みなさん真剣にメモをとられていたようです。「オヤノコト」相談員 藤井亜也


「オヤノコト」NEWS等でもご案内しておりましたが、10月28日(土)に「オヤノコト」読者を対象に「ゆうゆうの里<伊豆高原>の老人ホーム見学ツアー」を開催しました。当日は、台風22号の影響もあり心配しておりましたが、欠席者もなく26名全員にご参加いただきました。
40~50代の「オヤノコト」世代だけでなく、60~70代の親世代のご夫婦やごきょうだいで参加された方も多く、あらためて読者層の広さに驚くと同時に、幅広い世代の方々が「老後の暮らし方」を真剣に考えていることがわかりました。

さて、当日ですが、参加されたきっかけについてお聞きすると、「オヤノコト.マガジンやウェブで見て気になっていても、個人で見学や体験入居の申込みは抵抗があった」「こういう編集部や相談員と他の読者さんと複数で参加できるのが良い!」というお声をいただき、みなさまのご期待に緊張しながら伊豆高原へ向かう踊り子号に乗車(8時30分・東京駅発)。

11時10分、ゆうゆうの里<伊豆高原>に到着。ここは、国立公園の敷地内にあるので、自然豊かな環境なのですが、今回は、あいにくの雨。「お天気がよいときはお庭散策もとても楽しいんですよ・・・」とお話しながら施設内へ。
施設長・杉山様のご挨拶に続き、「オヤノコト」相談員の藤井による「老後の暮らしとお金」についてのセミナー、高齢期のリスクや老後のマネープランについてグラフや事例をもとに話ました。「どのくらいまで生きると想定してお金を準備したらよいのか」というご質問が多く、熱心にメモを取られていたのが印象的でした。

367_ext_09_1.jpg

第三者の立場から高齢者施設の取材を通したお話をさせていただきました。「オヤノコト.マガジン」編集長 大沢尚宏


その後、「オヤノコト」編集長の大沢尚宏が「高齢化によって今後起こり得る生活上のリスクや老人ホームを選ぶ際のポイント」について今まで取材したホームなどをもとに解説、特に親世代の方々が納得したように大きく頷いていらっしゃったようです。

今回は予定を上回る方々にお申込みをいただきましたので、当初の人数を拡大して26名様のご参加となりましたが、情報提供だけでなく、体験の機会を創ることの大切さと責任を感じた見学会となりました。「オヤノコト」では、これからも第三者として責任をもって確かな情報をお届けしていきますのでご期待ください。

367_ext_09_2.jpg

最寄りの「伊豆高原駅」からはバスで移動しました

367_ext_10_2.jpg

4班に分かれて見学。「次は体験入居をしてみたい」というお声も

367_ext_11_2.jpg

昼食は天ぷらとサツマイモご飯。「出汁がしっかりしていて美味しかった」


●日時/2017年10月28(土)
●場所/ゆうゆうの里<伊豆高原>
●主催/株式会社オヤノコトネット
●協賛/一般財団法人 日本老人福祉財団
●テーマ
 【第1部】「今から考えておきたい 老後の暮らしのこと&お金のこと」
  「オヤノコト」相談員 藤井亜也
  【第2部】「元気なうちに住みかえる 元気付き老人ホームで暮らす」
  「オヤノコト.マガジン」大沢尚宏
 

Tweet facebook share Email

掲載の記事・調査データ・写真・イラストなどすべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信などを禁じます。転載・引用に関する規約はこちら>>