35歳を過ぎたらオヤノコト!ご一緒に、これからの暮らし、親子のコミュニケーションを考えていくサイトです。

PICK UP

  19_ext_01_0.jpg
  18_ext_01_0.jpg
  17_ext_01_0.jpg
  16_ext_01_0.jpg

「失敗しない補聴器の選び方について」第2回を開催しました

2017-11-04
Tweet facebook share Email
373_ext_09_0.jpg

65歳以上の方で、聞こえに悩みのある「難聴」の方は全体の30%で、そのうち補聴器を使用している人はごくわずか・・・だそうです。また、その悩みを抱えつつ、ご家族には話さないで我慢している方も。きこえは、親とのコミュニケーションのためにも大切です。

このセミナーでは、「補聴器の選び方」の基礎講座として開催しています。
 最近、テレビの音が大きくなったな・・・、何度も聞き返すことが増えてきたかも・・・というときには、まずはきこえの情報収集から始めませんか?

●日時/2017年11月4日(土) 10時~12時
●場所/「オヤノコト.ステーション」
●テーマ/「これから補聴器を考えている方、きこえの悩みを抱えている方へ~失敗しない補聴器の選び方について」
  「オヤノコト」相談員  本間和範氏

373_ext_09_1.jpg

ご参加された方のご感想より。
●聴こえにくいとだんだん無表情になったり、感情がなくなってきたと自分でも感じることが増えた。みんなが笑っていても(聴こえないので)話がわからないのでつらい。
●健康で長生きがよいというけれど、聴こえないままで健康で長生きしていると言っても、それでよいわけでもない。大変だと思う。
●聴こえないから会話が減って、おしゃべりだったのが減ったからちょうどよいのかも知れない。
●家族とテレビを見ていても、テレビのボリュームが小さいと聴こえないので大きくして聞いてます。音を大きくして調整しています。

Tweet facebook share Email

掲載の記事・調査データ・写真・イラストなどすべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信などを禁じます。転載・引用に関する規約はこちら>>

こちらの記事もおすすめ!