35歳を過ぎたらオヤノコト!ご一緒に、これからの暮らし、親子のコミュニケーションを考えていくサイトです。

[速報]夕刊フジ×オヤノコト共催「家族信託」セミナー、開催されました

2019/08/01

7月31日(水)、東京・大手町の産経新聞の本社にて、夕刊フジ×オヤノコト共催「家族信託」セミナーが開催されました。
今回は、「オヤノコト」相談員の飯島正博氏より「親が認知症になる前に知っておきたい、財産管理」についてお話いただきました。2部構成で、前半は概要そして後半は具体的な事例について説明し、参加された方からは、とてもわかりやすかったというご感想をいただきました。

親が認知症になってしまうと、資産すべてが凍結さ れ、家財や財産の処分も活用できなくなってしまいます。例えば、老人ホームに入居するために自宅を売却したり、親が所有している賃貸不動産をリフォームするなど、自由にお金を使うことができなくなります。
親のこと、自分のこととして、「家族信託」は、「オヤノコト」世代必須の情報です。今後も「オヤノコト」では、セミナーなどを通じて、「家族信託」については取り上げていく予定です。