35歳を過ぎたらオヤノコト!ご一緒に、これからの暮らし、親子のコミュニケーションを考えていくサイトです。

介護付有料老人ホーム「センチュリーシテイ王子」に行ってきました!

2019/08/09

毎日暑い日が続いていますが、8月8日は長谷工シニアホールディングスが運営する、介護付有料老人ホーム「センチュリーシテイ王子」(東京都北区王子、事業主体・センチュリーライフ、運営・長谷工シニアホールディングス)まで行ってきました。

最近、入居時自立型の老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅(サ高住)で、多世代交流や地域住民とのつながりを活発に取り組んでいる事例が増えてきましたが、お伺いした介護付有料老人ホーム「センチュリーシテイ王子」も昨年4月にオープンしてから、周辺の学童保育やサークル活動など、地域とのつながりについて同様の取り組みを行っているとのこと。さっそく見学してきました。

東京メトロ南北線「王子神谷」駅から歩いて6分(JR京浜東北線「東十条」駅からは7分、JR埼京線「十条」駅からは15分)、同社の施設立地を考えるとき重要視しているのが最寄り駅から徒歩15分圏内だそうです。
周辺にはスーパーやドラッグストア、医療モール、商店街や区民センターがあり、交通の便だけでなく生活には便利な環境が整っていて生活しやすそうです。これは親世代にとっては、気軽に外出したり、外部の人と接することができるのでオススメの環境です。

昼食をいただいてから、早速、居室の見学!
気になる居室のタイプは、1LDKが中心。浴室やトイレは、思ったより広々としていてびっくり広めです。最近は、ご夫婦でも別のお部屋を希望される方やおひとり暮らしの方が増えてきているので、このタイプが人気だそうです
ちなみに共同浴場もあり、老人ホームとしては珍しく14時~22時という長い時間帯(!)で利用が可能です(しかも何回でも利用できます)し、室内には、3口のIHコンロがついているので自炊ができるので料理好きのお母さんにも嬉しい環境ですね。


▲1LDKと広めの居室。自炊に便利な3口のコンロ。万が一に備えて室内には緊急ボタンがついています


▲老化遅延の食事プログラムをもにとした食事を自社スタッフが毎日作っています。お肉がたっぷりで美味しかったです。外部の方もレストランとして利用できます(限定20食)



▲落ち着いた雰囲気の食堂。ホームとしては珍しいカウンター席もあります


▲左から入居相談室の西野さん、支配人の佐野さん、入居相談員の岡田さん