40歳を過ぎたらオヤノコト!ご一緒に、これからの暮らし、
親子のコミュニケーションを考えていくサイトです。

文字サイズ:

親のこと、老後のことのご相談はこちら
03-6265-0446

老舗自動車シートメーカーが「オヤノコト」商品をリリース! 高齢の親のことを気遣う皆さんの声をお寄せください。

長く座っても疲れない快適性はもちろん、 気になる親の健康と“今”も見える次世代IoTソファ『Lifa』(リィファ)が誕生!

2022-07-01
Tweet facebook share Email

次世代IoTソファ『Lifa』(リィファ)


本を読むとき、テレビを見るとき、そしてホッとひと息入れたいとき……私たちは一日の中で、とても長い時間を「座って」過ごしていますよね。
今回取材した『Lifa(リィファ)』は、そんな時間を快適に過ごせるのはもちろん、座り方の癖や足腰の筋力低下の状態、そして生活リズムの“変化”まで確認できるという、画期的な次世代ソファ!
さっそく『Lifa』の開発を手掛けた、株式会社TOYO H&Iの松本誠司さんにお話をお聞きしました。
 

長年、自動車シートを手掛けてきた会社ならではの「こだわり」とは?

もともとTOYO H&Iをはじめとする東洋シートグループは、70年以上もの長きに渡り自動車や鉄道のための座席(シート)の製造・開発を手掛けてきた「座(SUWARU)」のスペシャリスト企業。今回、発表した『Lifa』にも、「長時間座っていても疲れない、快適な座り心地を実現するためのノウハウはもちろん、これまでただくつろぐだけでなく、座る人の命を預かる・守るシートを作ってきた私たちの強い想いが詰まっています」(松本さん/以下同)
 

『Lifa』開発チームのみなさん。右はしが松本誠司さん

『Lifa』には長年の自動車シート研究・開発で培ったノウハウが詰まっています

まず何よりもこだわったのは、「その座り心地の良さ」。座り心地が良くて、快適なソファと聞くと、柔らかくて体を包み込むような――といったタイプのフカフカのソファを想像する人も多いと思いますが、「実は、やわらかすぎるソファは、体が埋まって身動きがしにくくなるため、かえって疲れやすいのです」。

そこで『Lifa』は、座面を低反発素材と高密度モールパッドの2層構造に。それによって座面に適度な硬さが生まれ、体がソファに沈みこむ……といったこともありません。また、座っている時間の姿勢や体の動きを分析し、座面と背もたれの形状と角度にこだわったことで、「2時間ずっと座り続けても疲れない。そんな快適な座り心地を実現しました」。
 

座面と背もたれの形状&角度にこだわり、長時間の着座でも疲れない設計に

お尻が前ずれしないように腿を少し上がる形状にし、より安定性もアップ!

実際にスタッフが座ってみると、体が沈み込むこともなく、独自の角度で設計された背もたれと座面によって腰や腿下に隙間ができることもないので、しっかりと椅子に体が固定されているのを実感します。確かにこれなら親世代が長時間でも疲れずに座り続けることができそうです。
 

どんな部屋にも合うシンプルデザイン。クッションとフレームの色も自由に選べる

募集終了しました

次世代IoTソファ『Lifa』(リィファ)オトナ親子®の読者モニターの応募はこちらから

アームに体重を委ねても安定感があるので、立ち上がるのもラクラク!

「座るだけ」で、健康状態や室内環境の確認から生活の見守りまで可能に!

しかし、『Lifa』はただ座り心地・立ち上がりの快適さだけを追求したソファ――というわけではないと言います。

実は、『Lifa』の内部には複数の加速度センサと荷重センサが埋め込まれており、ソファについたコンセントを電源につないでおくと、毎日座るだけで姿勢のゆがみや立ち上がりの所要時間といった、さまざまな体のデータの収集・解析が可能とのこと。それらのデータは専用のWebアプリへと転送され、座る人の姿勢や健康状態、足腰の筋力低下といった変化をリアルタイムに“見える化”してくれるというからちょっとびっくり。
 

『Lifa』で収集・解析したデータはWebアプリでいつでもチェックできる

さらに、Webアプリでは、1カ月の着座時間などのデータをすぐにチェックできるほか、着座姿勢を解析して、上半身や下半身のゆがみ、猫背傾向………といった座り方の“癖”を指摘してくれるという。「ワンポイントアドバイスとして、こうした座り癖や姿勢を改善するために効果的なストレッチ法なども提示しています」。
 

着座時の姿勢のゆがみの傾向、改善ポイントまでわかりやすく教えてくれる!

また、着座時は呼吸レベルの体動を0.2秒ごとに取得し解析するとのこと。「座っている時に、体動が検知できなくなったとか、長時間座った状態のまま、激しい咳込みが続いているといった、利用者の“いつもと違う”状態をほぼリアルタイムに検知することも可能です」

しかも、そうした“変化”は、登録したメールやWebアプリで随時確認することができるので、離れて暮らす親の家に『Lifa』を設置して使ってもらえば、親が毎日このソファを利用するだけで、それが「=緩やかな見守り」につながるのです。
 

「着座がない」「長時間座ったまま」といった“異変”をリアルタイムに教えてくれる

「1カ月ごとに送られてくるデータを比較すれば、体重の減少や足腰の筋力低下といった親の“体の変化”にも早く気付くこともできますし、設置場所の気温や湿度も確認できるので、夏の熱中症予防に活用していただくことも可能です。見守りサービスと聞くと『監視されている』と感じる方も多いと思いますが、毎日ソファに座るだけなら、抵抗感なくご利用いただけるのではないでしょうか」。

ところで、こうした細かなデータを収集・分析し、アプリで管理する――となると、設置場所である親の家にWi-Fiなどのネット環境の準備が必要というケースも多いのでは? と、いう疑問が……。 

その点、この『Lifa』はコンセントを電源でつなぐだけですぐ使え、あとは、見守りたい子世代や家族が普段使っているPCやスマホ、タブレットで専用Webアプリに登録するだけで、すぐにデータを確認できるという手軽さもうれしい限り。そういう意味では「面倒で難しいことが苦手」という親御さんでも拒否反応は示さないかもしれません。

「そろそろ親の見守りのことも考えないと……」と思っていた人も、実際に『Lifa』を使ってみてから欲しいなという人も、この機会に試してみて、忌憚ないご意見をください。

『Lifa』(リィファ) 製品仕様
サイズ:W615×D750×H780(㎜)/シートの高さ:380(㎜)
定格 電源:AC 100V 50/60Hz
電源コード:約1.7m
フレーム素材:天然木 アッシュ材
本体重量:約18㎏
適用サイズ:身長155㎝以上
耐荷重:100㎏
クッション素材:ウレタンフォーム
カラー(フレーム、クッションの色はお好みで選択可)
フレーム/ライトブラウン、ミドルブラウン
クッション部/AIZORA~藍空~、KOHAKU~琥珀~、TATAMI~畳~
料金プラン:購入またはレンタル、2つのプランから選択可

次世代IoTソファ『Lifa』(リィファ)オトナ親子®の読者モニターの応募はこちらから

Tweet facebook share Email

掲載の記事・調査データ・写真・イラストなどすべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信などを禁じます。転載・引用に関する規約はこちら>>