35歳を過ぎたらオヤノコト!ご一緒に、これからの暮らし、
親子のコミュニケーションを考えていくサイトです。

文字サイズ:

親のこと、老後のことのご相談はこちら
03-6265-0446

見守りサービス「ドシテル」(日立グローバルライフソリューションズ)

スマホで毎日をさりげなく・しっかりと見守る センサー式見守りサービス

更新 2021-02-28 2020-12-10
Tweet facebook share Email

「親の活動量をアニメーションで確認できる点も好評です」と、担当の工藤拓也さん ※コロナ感染対策のためフェイスガードを着用しています

 
聞けば必ず「大丈夫」「元気だよ」っていうけれど、やはり高齢の親が毎日、元気に不便なく暮らしているかどうかは、「オヤノコト」世代にとって気になるところ。ましてやコロナ禍で直接会うことが難しくなっている今、親の様子をさりげなく確認できたら?という人も増えているのではないでしょうか?

そこで編集部では、2019年6月から日立グローバルライフソリューションズがサービスを開始した、24時間365日、独自の「活動センサー」でさりげなく親の様子が確認できる、見守りサービス『ドシテル』をレポートしてきました。専用アプリでは親の活動状態をアニメーションで表示、生活リズムや睡眠時間が一覧で確認できるなど、便利な機能が搭載されています。

今回お話をうかがったのは同社のデジタルサービス事業本部、工藤拓也さん。サービス概要、開発の経緯、ご利用者の声など気になるポイントをお聞きしてきました。
 


 
 
 
 
 

カメラではなく、感度の高い「活動センサー」で 親の活動量をスマホで確認できるサービス

『ドシテル』は普段、親が長い時間を過ごす部屋、例えばリビングやダイニングの壁に専用の「活動センサー」を取り付けることで、その「活動量」をモニター。その様子をスマホの専用アプリからいつでも・どこでも確認することができるというものです。

壁に取り付ける「活動センサー」はハガキ1枚分程度のコンパクトサイズ。これなら違和感が少なそう

 
活動量データは1分ごとに新しい情報に更新されるので、「ほぼリアルタイムに親の様子を確認できます」と、工藤さん。また、アプリ内の「生活リズム」メニューに入ると、一日の活動量や睡眠、不在などを色分けして表示してくれるので、生活リズムが一目瞭然でわかるそうです。確かに1週間、1か月単位での表示もできるので、「あれ? いつもと違う?」という変化にもすぐ気づくこともできるというのは便利かもしれないですね。

言うまでもありませんが「活動センサー」にはカメラ等は一切ついておらず、平たく言うと「部屋の中に動いている人や物があるかどうか」をチェックしているのみなので、一人で暮らす親が部屋の中で「ゆっくり過ごしている」「何か活動をしている」ことはわかっても「何をしているか」まではわからないとのこと。編集部の調査でも、親からの声として「子どもに監視されるようでちょっと…」と「見守りサービス」に身構えてしまうことが多くありました。工藤さんによれば「この程度なら…と、抵抗なく受け入れてくださるケースが多い」と言います。

「活動的な日は『今日は何をしていたの?』と電話をするきっかけにもなるのでは」と工藤さん

 
ここで編集部は素朴な疑問を…「室内で何をしているかまではわからない」と言うけれど、例えば家に来客があったときなどはどうなのでしょうか? センサーの感度が高いというけれど、ペットの動きにも反応してしまうのでは? という2つ。
果たして、その回答は? まず、来客の場合、センサーは「複数人数分」の動きを合計して感知するため、当然、「いつもより活動量が多い」と判断され、表示されるとのこと(人数のカウントはしないそうです)。また、家にペットがいる場合もペットの動きも感知してしまうので、結果「一日中、ずっと動き回っている」という「活動量多」という記録になることもあるようです。今や高齢の親が室内犬や猫と一緒に暮らしているケースは少なくないので、その点は共有しておくことが必要です。
ただ、さまざまなお客様のお声が、今後さらなるサービスのブラッシュアップにつながるかもしれませんね。

アニメーション表示で親の様子を確認できる 『ドシテル』
意外と便利な操作・機能3つのポイント

① 親の動きをアニメーションで表示


さて、もう少しこの「ドシテル」の機能について紹介していきます。
先に説明したとおり、室内に設置された「活動センサー」が感知したデータは、専用アプリからいつでもどこでも確認可能で、データは約1分ごとに更新されます。
そのため、親の活動状態を自分からほぼリアルタイムで確認することができるわけです。
他の見守りサービスを使っている読者の中には「通知がちょくちょく来て煩わしい」という人もいるので、「ドシテル」は確認したい時にみられるというのがポイントになりそうです。

活動量は、小・中・多の3段階で表示。その目安は、座って読書している、テレビを見ている時などが「小」、食事中や洗濯物をたたんでいる時などは「中」、掃除機をかけているなど、室内を歩いている時が「多」といったところ。また、部屋に誰もいない(動いているものがない)時間が約1分以上続くと、画面は「不在中」に切り替わります。
 

「活動的に動いている」「部屋でゆっくりしている」など親の様子をアニメーションで表示

 
実際に「何をしているのか」までは、アプリの画面からは読み取ることができませんが、アニメーション表示というのは、電車の中やお昼休みなどにチラッと親の様子を確認できるので忙しい子世代にとっては便利ではないでしょうか。
 

② 日々の生活履歴から生活の変化に気づく


ところで、この「ドシテル」はアプリ内の「生活リズム」メニューにアクセスすると、1日の親の活動の様子を時系列で確認することもできるというので、デモの画面を見せてもらいました。

活動量、不在、就寝など、色分けして表示されるのでわかりやすい!

 
上記の画像にあるように、何時に起きて、何時に就寝して、と、親の生活パターンを色で把握が可能。このデータは1週間、1か月分をまとめて表示することもできるので、それらを比較することで「今日はいつもと行動が違う?」など、万が一の変化や異常にも気づきやすくなるという。そもそも人は1日の行動パターンは大きく変化することは無いので、いつも7時に起きている人が、9時過ぎでも起きていなければ「おかしいな?」ということになるわけで、事前に親の生活パターンを把握しておくことで、電話や訪問のきっかけにもなります。
また、日立製コネクテッド家電・冷蔵庫をお持ちであれば、冷蔵庫ドアの開閉回数に生活リズムの表示ができるので、例えば、食事時間などもさりげなく把握することもできそうです(写真)。
 

③ 「いつもと違う」はプッシュ通知で知ることもできる


この機能は生活パターンを表示するだけでなく、「ずっと不在」「起きてこない」「動かない状態が続く」など、万が一の異変を感じた時にはプッシュ通知でお知らせしてくれるもの。通知を受けたらすぐに親と連絡を取る、近くの親戚や知人に見に行ってもらうなどの対策を取ることができます。

とは言いつつ、「駆けつけサービスがあった方が便利では?」と思ってしまう。「もともと何かあることを前提とした『受け身』的なサービスではなく、『元気で暮らしていること』を共有するためのポジティブ発想のサービスなので・・・と工藤さん。
しかし、何も無ければ(むしろ、そのほうが安心ですが)、自分からアクセスしない限り、サービスに入っていることも忘れてしまうのでは・・・という利用者のお声もあって、基本機能に、親の起床を毎日知らせる「おはよう通知」を付けたのだとか。
この通知があれば、必ず親の起床を知れて「今日も元気だな」とポジティブな気持ちにもなれるだろうし、朝の電話を入れるタイミングもわかって便利。忙しい子ども世代にとって「さりげなく親との『つながり』を感じられる見守りサービス」を・・・」という開発コンセプトを垣間見ることができました。

「ドシテル」お使いの方々の声

親世代

●最初嫌だったけれど、アニメなのでこの程度なら不安なし

●センサーの見た目がカメラではないから、(設置されていても)気にならない。

●(自分たちが)操作しなくてもいいのがよい。

 

子ども世代

●「見守り設置」への親の説得が大変かなと思っていたが、実際の画面を見せたら、承諾をもらえた。

●電話をするタイミングになっている。会話のきっかけにもなっている。

●プッシュ通知(おはよう通知など)で安心する

●同居親だが、日中家族が不在なので心配だった。起床、睡眠、散歩の時間などがわかった。

●無線LANレンタルオプションを利用すれば、別途ネット契約不要なのが便利

 

 

 

見守りサービス「ドシテル」

サイズ:活動センサー(幅・奥行・高さ)約145×55×80㎜
価格(すべて税込)

・プラン1(購入)
初期費用:55,000円(センサー 27,500円、設置作業費 22,000円、中継ルーター 5,500円※1)
月額: 3,278円
※1 無線LANルーターレンタルの方は、中継用ルーター5,500円は不要です。

・プラン2(レンタル)
初期費用:0円
月額:5,478円

・オプションサービス
無線LANルーターレンタル
月額料金(レンタル料)1,100円(上記月額にプラス)

【表示価格は、2020年12月現在のものです】

 

※プランは必要な機器をすべて購入・設置し、月額料金を抑えるプラン1と、レンタルで初期費用を抑え、月額を多く支払うプラン2の2つから選択可能。また、サービスを利用するためには、活動センサーを取り付ける場所にインターネット回線が必要となるので、「親の家にはインターネットがない」という場合は、無線LANルーターレンタルオプションがあるので、別途ネット環境を整える必要がないのも助かります。

「ドシテル」よくある質問をまとめました!!

Q.複数部屋への設置は可能ですか?

A.活動センサーは1日のうち最も過ごす時間の多い室内(リビング等)に1台だけ設置します。

Q.寝室へセンサーを設置することは可能ですか?
A.活動センサーを寝室へ設置した場合、「ドシテル」では寝ている状態は、低活動状態と判断します。そのため睡眠判定(目安)をすることができません。

Q.登録出来るスマートフォンは、1台のみ? 複数台登録は可能ですか?

A.お一人の対象者に対して、最大5台のスマホに登録することができます。

Q.「ドシテル」のプッシュ通知は、どのようなものがありますか?

A.例えば、いつもの起床時間になっても、リビングに入室しないことをお知らせする「おはよう通知」などがあります。このほかに、指定時間継続してお部屋にいないときに通知する「不在通知」などもあります。起床時間や不在時間などの設定は、お客様にてお好みの時間設定が可能です。

Q.設置は、工事の方による訪問設置ですか?

A.正しい検知をするために、日立グローバルライフソリューションズの専任業者による訪問設置となります。

Q.設置するときの工事時間はどれくらいかかりますか?

A.検知試験も含めて約1時間程度です。

Q.土日も工事ができますか?

A.可能です。

  


2021/1/18
「ドシテル」のご利用者の声、よくある質問をご紹介!
2020/12/20
「オヤノコト」限定! 「ドシテル」の初回設置料・利用料が無料のキャンペーンを実施中!(終了しました)
2020/12/10
記事を公開しました

Tweet facebook share Email

掲載の記事・調査データ・写真・イラストなどすべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信などを禁じます。転載・引用に関する規約はこちら>>