35歳を過ぎたらオヤノコト!ご一緒に、これからの暮らし、親子のコミュニケーションを考えていくサイトです。

一人ひとりに合わせた細やかな安心を提供

2017-08-18
Tweet facebook share Email

▲居心地のいい、すてきなラウンジ! (サービス付き高齢者向け住宅・ドーミー亀有Levi)

「できることはご自分で」という基本姿勢を貫きつつも、一人ひとりの年齢やお身体の状態に合わせた万全のケア体制までも整えているという、サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)「ドーミー亀有Levi」を取材しました。
JR「亀有駅」から歩いて約12分。編集部は下町の雰囲気漂う商店街を抜け、閑静な住宅街の一角に建つ「ドーミー亀有Levi」に到着。ここでは自立の方から、介護認定を受けた方が共に生活をする居住スペースに、リハビリ強化型のデイサービスや訪問介護事業所も併設しています。そのような環境からか、職員の手を借りずにお互いが助け合う、ひとつのコミュニティが自然と出来上がっているそうです。
 

▲「長く健康に生活していただきたい」。資格を有するスタッフが日々の生活をサポート

もともとホテルや学生寮の運営を手掛けている同社のノウハウをところどころに反映しているのも特徴。館内のいたるところで加湿器を用いての除菌・ウイルスを除去する衛生管理、各フロアに設置された非常食やトイレなど防災への備えも力を入れていました。
毎日の食事は「本物」にこだわり、厨房での手づくり。認知症に良いと言われる「アマニ油」、ビタミンやミネラル、食物繊維を効率的に摂取できるスムージーなど、おいしさと健康の両面からこだわり抜いた味を提供しているとのこと。居住スペースの快適さはもちろん、食事や入浴設備、そして併設の事業所による介護支援体制など、トータルバランスのよさも“日々の安心につながっているのでしょう。(オヤノコト.マガジン26号より転載)

 

▲「本物」にこだわったイベント(写真は和太鼓の会。地域ボランティアが協力)。イベントを通じて、ご入居者とご家族、職員、地域との交流を積極的に行っています

▲素材や季節感にこだわり、料理はすべて厨房で手づくり。ブリの照り焼き、めかぶと茗荷の酢の物、野菜汁、スムージー(昼食)

「オヤノコト」編集部ここに注目!

●入居者の自立を支援しつつ、有料老人ホーム並みのサービスを提供
●デイサービスや訪問介護事業所なども併設、要介護の親世代も安心&便利
●衛生管理、災害非常時に向けた対策が充実。いざという時も安心の住まい

設置運営指導指針による表示事項  

▲ドーミー亀有Levi

■所在地/東京都足立区東和1-17-26 ■類型/サービス付き高齢者向け住宅 ■居住形態/賃貸借契約 ■利用料の支払い方式/月額払い ■入居時の条件/①単身高齢者世帯、②高齢者+同居者(配偶者/ 60歳以上の親族/要介護・要支援認定を受けている60歳未満の親族/特別な理由により同居させる必要があると知事等が認める者)(「高齢者」とは、60歳以上の者または要介護・要支援定を受けている60歳未満の者をいう) ■居室区分/全室個室 ■事業・運営主体/株式会社共立メンテナンス
 

Tweet facebook share Email

掲載の記事・調査データ・写真・イラストなどすべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信などを禁じます。転載・引用に関する規約はこちら>>