35歳を過ぎたらオヤノコト!ご一緒に、これからの暮らし、親子のコミュニケーションを考えていくサイトです。

地域でとっておきのサロンになるために…

2019-07-12
Tweet facebook share Email

全国24万軒ある美容サロンは地域に密着し、地域と共にある存在です。 しかし、超高齢化、人口減少が加速する中、 これからの人生100年時代を、地域に愛されるサロンとして あり続けるためにはどうしたらよいのでしょうか?
詳細については追ってご案内します。そこで、このたび「地域にやさしい」「オトナ親子」にやさしい」美容院プロジェクトを立ち上げることになりました。
「地域のためにもっと何が出来ないか?」 「今のお客様の高齢化に寄り添いたい」と、考えるサロン様と いっしょに「これから」を考えていけたらと思います。

コラム

「美容福祉」の技術は、地域のお客様といつまでもおつきあいをしていくために大切なスキルです 
美容福祉師 小林進之助さん(東京都八王子市、美容室「空」)



ほかのサロンの方々に、 「美容福祉」をお勧めするとしたら、 どのような点がオススメですか?

例えば美容福祉に興味がなくとも、少子高齢化が唱えられている現在において、これからの美容界を担っていく若い美容師さんたちが通常のサロンワークにおいて、自身よりはるかに高齢のお客様と接する機会は 圧倒的に増えていくはずです。もしかしたら 認知機能の低下したお客様や、足腰に難のあるお客様の来客があるかもしれない。美容福祉も、高齢者との接し方、美しくするためのポイントを説いた学問技術だと思いますので、高齢のお客様とのギャップや接し方に不安や苦慮がある美容師さん達の大きな参考になると思います。ぜひ興味を持っていただければと思います。

お仕事のなかで、 「美容福祉」の 影響を受けていることを 教えてください。

美容福祉と聞くと訪問美容のイメージが 強いかもしれません。しかし、サロンでも とても役に立っています。ご来店の際には サロンワークの傍ら、常に目配り気配りの意識を持つようにしています。またお手伝いを 必要とするお客様の対応はその全てがケースバイケースになりますので、適切に対応していくための経験と心構えを、現在も現場で 美容福祉を学んでいます。

アンケートにご協力いただいた方、『気になる介護・施設・仕事・お金のこと そろそろはじめる親のこと』(自由国民社・弊社代表 大澤尚宏)を無料プレゼント!

アンケートにご協力いただいた方、抽選で30名様に
『気になる介護・施設・仕事・お金のこと そろそろはじめる親のこと』(自由国民社・弊社代表 大澤尚宏)をプレゼント!

【アンケートフォームはこちら】

 

ご希望のサロン様に「オヤノコト.マガジン 別冊美齢学特集」をプレゼント!

「オヤノコト.マガジン 別冊美齢学特集」

ご希望のサロン様に「オヤノコト.マガジン 別冊美齢学特集」を送付致します。
お気軽にお問合せください。

Tweet facebook share Email

掲載の記事・調査データ・写真・イラストなどすべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信などを禁じます。転載・引用に関する規約はこちら>>