35歳を過ぎたらオヤノコト!ご一緒に、これからの暮らし、親子のコミュニケーションを考えていくサイトです。

自立して暮らせる時期をより長く健康寿命をのばすことを目的としたサポート

更新 2017-08-11 2017-07-22
Tweet facebook share Email
63_ext_09_0.jpg

▲随所にハウスメーカーならではの“住まい”としての居心地へのこだわり。オークラウンジ(ハイムガーデン立川幸町) 

最近、その名前を聞くことが多くなった「サービス付き高齢者向け住宅」(以下サ高住)。生活相談員が常駐し、安否確認や生活支援サービスを受けることのできる高齢者向けの賃貸住宅ですが、制度が創設されてまだ5年と歴史が浅いため、サービスの中身はまだ玉石混交で、選び方が難しいとも。
そこで、積水化学工業の住宅カンパニー、セキスイハイムグループが運営するサ高住「ハイムガーデン」にチェック&取材に伺ってきました。

「住まい」と「暮らし」の両面から親世代を支える

63_ext_09_1.jpg

▲共有スペースの家具は、座りやすく立ち上がりがしやすいものに(ハイムガーデン熱田)

「サ高住」、多くの「オヤノコト」読者も良くわからない点も多いのではないでしょうか?
まず、大切なポイントは「サ高住」は有料老人ホームとは基本的にまったく違う、賃貸住宅(マンション)ですから、原則として手厚いサービスを求めることは出来ません(「サービス付き」とあるので、いろんなサービスがついていると期待してしまうことも・・・。この点、注意が必要です)
では、「サ高住」とは、どのようなところなのでしょうか?

63_ext_09_2.jpg

▲自宅のような雰囲気の居室(ハイムガーデン熱田)

63_ext_10_2.jpg

▲各居室には、IHのキッチンがついているので自炊をする方も(ハイムガーデン熱田) ※居室の家具はイメージ

今回伺った『ハイムガーデン』は、セキスイハイムが設計・建設を、運営は介護サービス事業の実績を持つグループ会社「セキスイオアシス」がハイムガーデン熱田を、「アイネット」がハイムガーデン立川幸町を担ってます。
積水化学工業の住宅カンパニー・高齢者事業グループ長の岸英恵さんは、介護現場での経験から「住環境の悪さが高齢者の身体状況を悪化させる実態を目の当たりにしてきました。
住環境と高齢者の自立は切り離せない、ではセキスイハイムとして出来ることは? と考えたとき、住まいと暮らしの両面から支えよう」と。
――その想いを原点に、健康寿命をのばすことを目的としたサ高住の運営が実現したそうです。

自宅と同じ、またはより便利な生活が継続できるよう環境を整える

63_ext_09_3.jpg

▲「ハイムガーデン熱田」のスタッフのみなさん

63_ext_10_3.jpg

▲「ハイムガーデン立川幸町」施設長の北村恵美さん

「ハイムガーデン熱田」の感想を一言で言えば“おせっかい”なサ高住。
運営するセキスイオアシスによると、「これまでの経験から、要介護状態になる前の支援の大切さを実感していました」。 そこで親世代のライフステージのなかで、健康で自立して暮らせる時期をより長く維持できるよう、積極的な外出支援や声かけなど、“先手”の支援に力を入れています。
自立度の高い入居者が多い「ハイムガーデン立川幸町」では、自治体のサービスや利便性のいい生活サービスなどの情報を積極的に提供し、自宅と同じ、より便利な生活が継続できる環境を整えています。「食の充実にも力を入れ、季節に合わせたイベントメニューの提供や住宅に居ながらシェフ手作りの本格スイーツを楽しめる、ガーデンカフェ立川の開催も大変好評です」と、アイネットの北村恵美さん(施設長)。

親が自室にこもりっきりにならないか心配な子世代には心強いサポートと言えます。もし介護が必要な状態になっても、デイサービスや訪問介護サービスなどを利用しながら自室で暮らし続けることも可能です。

生活動線や仕様、共用スペースの空間や家具など、随所にハウスメーカーならではの“住まい”としての居心地へのこだわりも見られ、ハイムガーデンに関わる人たちの想いが結集したサ高住だと感じました。
「常にここが勉強の場です」という岸さんの言葉に、これからもブレることなく追求し続けて欲しいとその本気度を見守っていきたいと思います。

63_ext_09_5.jpg

▲自宅と同じような落ち着いた気分を大切にした共有スペースのダイニング(ハイムガーデン立川幸町)

63_ext_10_5.jpg

▲居室。IHのキッチン、トイレ、浴室がついています(ハイムガーデン立川幸町)

63_ext_09_6.jpg

▲敷地内の菜園が入居者の生きがいづくりにも(ハイムガーデン熱田)

63_ext_10_6.jpg

▲雨で外出ができないときは室内で軽い運動をして心身をリフッシュ(ハイムガーデン立川幸町)

63_ext_09_7.jpg

▲「ハイムガーデン熱田」では、お米やお味噌にはこだわり、産地のものを使用しています

63_ext_10_7.jpg

▲「ハイムガーデン立川幸町」は出来上がったお料理にさらにひと手間を加えるなど、ひと工夫しています

63_ext_09_8.jpg

ハイムガーデン立川幸町」は大容量ソーラーパネル・リチウムイオン蓄電システムを導入しており、備蓄倉庫も設置。「ハイムガーデン熱田」は太陽光発電により創った電力を電気自動車に充電し、停電時にも建物へ電力を供給することが可能です。万一のときも災害弱者と言われる親世代を守り、地域の「減災」拠点として機能します。

設置運営指導指針による表示事項
ハイムガーデン熱田
■所在地
愛知県名古屋市熱田区二番 1-3-33■類型サービス付き高齢者向け住宅■居住形態賃貸借契約■利用料の支払い方式月額払い■居室区分全室個室、住戸数/25戸

ハイムガーデン立川幸町

■所在地/東京都立川市幸町4-17-10■類型/サービス付き高齢者向け住宅■居住形態/賃貸借契約■利用料の支払い方式/月額払い■居室区分/全室個室、住戸数/40


■入居時の条件①単身高齢者世帯、②高齢者+同居者(配偶者/60歳以上の親族要介護・要支援認定を受けている60歳未満の親族特別な理由により同居させる必要があると知事等が認める者)(「高齢者」とは、60歳以上の者または要介護・要支援認定を受けている60歳未満の者をいう)
■事業・運営主体アイネット株式会社(セキスイハイム不動産グループ)

63_ext_09_9.jpg

ハイムガーデン熱田

63_ext_10_9.jpg

ハイムガーデン立川幸町

Tweet facebook share Email

掲載の記事・調査データ・写真・イラストなどすべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信などを禁じます。転載・引用に関する規約はこちら>>