35歳を過ぎたらオヤノコト!ご一緒に、これからの暮らし、親子のコミュニケーションを考えていくサイトです。

海と緑に囲まれた静かな地で「暮らし」にこだわる

2017-08-18
Tweet facebook share Email
175_ext_09_0.jpg

▲入居の決め手は「富士山が見える景色」という方が多い(サービス付き高齢者向け住宅・ウエリスオリーブ鵠沼松が岡)

豊かな自然に囲まれた静かな街で、充実した安心の毎日を…そんな願いを実現させてくれそうな「ウエリスオリーブ鵠沼松が岡」を取材して来ました。江ノ島電鉄「鵠沼駅」から徒歩5分、鵠沼松が岡は古くからの別荘地。そこにあるのがNTTグループのNTT都市開発が高齢者のための住まいとして4棟目にオープンした、サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)「ウエリスオリーブ」です。敷地内に足を踏み入れると、四季を感じる木々を植えた遊歩道、海をイメージしたエントランスなど、暮らしへのこだわりを感じました。

175_ext_09_1.jpg

▲買い物や趣味のお出かけなどアクティブにお過ごしの植月さん。もともと鵠沼エリアにお住まいであったこと、見学のとき奥様とお嬢様が屋上からの風景が気に入って、入居を決めたそうです

居室は、自由に快適な暮らしを楽しめる、キッチン・浴室付きの「スイートルーム」と、介護・生活サポートを充実し、介護が必要になっても安心して生活できる「プラチナルーム」の2種類。介護が必要になった時には、プラチナルームへの住み替えが可能、どちらの居室も併設の介護事業所からサービスを受けられます。
スイートルームにお住まいの植月昭一さん(90歳)は、奥様・玲子さんの骨折がきっかけで入居されました。以前は一軒家にお住まいで「2階までの階段の昇り降りも大変でした。また転倒したら…」との不安があったそうですが、今ではそうした心配からも解放され安心した毎日だそうです。
ここではお元気な時だけでなく、介護が必要になっても、元気な時からの様子を知っているケアマネジャー・ヘルパーはもちろん、看護師も見守ってくれている…そんな安心感が充実した毎日につながっているようでした。(オヤノコト.マガジン26号より転載)
 

175_ext_09_2.jpg

▲自立の方向けの「スイートルーム」。設備も使いやすく充実。自炊ももちろ可能

175_ext_10_2.jpg

▲親世代にはちょうどよい量。赤魚の煮付け、レバニラ炒め、カリフラワーのマヨサラダ(夕食)

「オヤノコト」編集部ここに注目!
175_ext_09_3.jpg

●.身体状態に合わせて選べる「スイートルーム」と「プラチナルーム」の2種類を用意
●職員として看護師が常駐(9~18 時)しているため医療支援の安心感がある
●ペットとの入居が可能

 

設置運営指導指針による表示事項 

175_ext_09_4.jpg

▲ウエリスオリーブ鵠沼松が岡

■所在地/神奈川県藤沢市鵠沼松が岡2丁目3-8(住居表示) ■交通/江ノ島電鉄「鵠沼駅」徒歩5分、小田急江ノ島線「鵠沼海岸駅」徒歩13分■募集戸数/29戸(18.90~43.08平方メートル) ■竣工/2016年12月27日■賃料/101,000円~193,500円 ■共益費等(月額) /11,000円~16,900円 ■基本サービス費(月額)/38,880円(税込、1人入居) ■敷金/202,000円~387,000円 ■仲介手数料/109,080円~208,980円■損害保険/あり ■広告主/エヌ・ティ・ティ都市開発
株式会社 〒101-0021 東京都千代田区外神田4-14-1 秋葉原UDX ■取引形態/貸主

 

Tweet facebook share Email

掲載の記事・調査データ・写真・イラストなどすべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信などを禁じます。転載・引用に関する規約はこちら>>