35歳を過ぎたらオヤノコト!ご一緒に、これからの暮らし、親子のコミュニケーションを考えていくサイトです。

在宅医療、介護サービス、そして住宅スタッフの地域連携で親の心身を支える

2018-06-15
Tweet facebook share Email
536_ext_09_0.jpg

▲訪問診療は、各専門家との連携とコミュニケーションと信頼関係が大切

自宅にいるのと同じように、介護サービスや訪問医療を受けることができるサ高住。住み慣れた地域で暮らし続けるために、ケアマネジャー、在宅医とどのように連携して親世代を支えているのでしょうか。 住宅メーカー・セキスイハイムが運営する「ハイムガーデン立川幸町」で、その取組みを取材しました。

普段の生活を知っているから的確な医療と介護が提供できる

536_ext_09_1.jpg

▲アイコールメディカル
在宅クリニック
院長・木下博勝先生

「ハイムガーデン立川幸町」で暮らす親世代は、お元気な方も多い一方で、持病を抱え通院がむずかしい方も 少なくありません。そうした親世代に対して訪問医療を行っている医療機関のひとつに、「アイコールメディカル在宅クリニック」があります。訪問診療とは、医師が定期的に訪問し、診療や治療、療養の相談を行うもので、同クリニックでは24時間365日緊急対応もしています。

取材に伺った日の担当医は木下博勝先生。居室で診察して必要な処置をし、薬を処方する……と診療内容は一般の外来と変わらないようです。「在宅医に求められるのは、身体を幅広く診る総合的医療。身体だけではなく、精神面もあわせて診察し支援します。患者さんから学ぶことも多く、〝患者さんが教科書〞だと感じています」(木下先生)。それこそが木下先生が目指す医療の原点なのでしょう。

536_ext_09_2.jpg

▲アイコールメディカル
在宅クリニック
医療連携部・飯島聡介さん

同クリニック医療連携部の飯島聡介さんは、「訪問診療では、他職種との連携がより重要になる」と本人はもちろん、家族、ケアマネジャー、施設スタッフなど周りの人との情報共有を重視しているそうです。「ハイムガーデンでは訪問診療の際に住宅スタッフが同席してくださいます。日常のお身体の状況をスタッフから聞けるので、的確な処置ができます」と、よりよい医療を提供できている実感が伝わってきました。ホーム長の北村恵美さんに連携のメリットについて聞いてみると、「アイコール内でも先生方が連携して、診察日ではないご入居者のことも気にかけてくださっており、ご入居者の不安が解消できています。また、飯島さんは専門用語をかみ砕いてわかりやすく病状を説明してくださるので、ご入居者だけでなく我々スタッフも安心できます」と、互いに強い信頼関係ができています。

医療的ケアが必要な入居者を〝同居している家族〞の立場から支える

536_ext_09_4.jpg

▲幸ケアサービスケアマネジャー・
小林美佐子さん

「幸ケアサービス」ケアマネジャーの小林美佐子さんも連携の重要性を指摘します。
「サービス担当者会議にはアイコールの担当者と住宅スタッフも必ず参加してくださるので情報共有がはかれ、助かっています」。北村さんは「在宅医やケアマネジャーと連携しないと、ご入居者を24時間みることはできません」と言います。
「親世代の普段の生活を知っている住宅スタッフの存在があるからこそ、ケアマネとしてどんなサービスがベストかを考えることができます」(小林さん)。入居者の退院時や、入院先からの新規入居の際は病院に伺ってお身体の状態を確認し、退院カンファレンスにもケアマネジャーと同席して、サービスの組立てを考えます。

536_ext_09_6.jpg

▲「ハイムガーデン立川幸町」
ホーム長・北村恵美さん

それぞれの専門職が理想とするケアを実現するための地域連携実践の場となっているハイムガーデン。質の高いケアの提供が暮らしやすさにつながっているのだと感じました。 お話を聞いて痛感したのは、自宅で家族がその役割をするのは難しいだろうということ。 親は不調を感じても家族に迷惑をかけると思って我慢してしまいがち。 外部の専門家と連携する住宅スタッフが間に入ることで、早めの対応につながり、病気の予防にもなる……自宅にはない好循環がハイムガーデンにはあるようです。

住まいと暮らしの両面から健康寿命を伸ばすサポート

536_ext_09_5.jpg

▲共有スペースの食堂。空間づくりは、ハウスメーカーならではの「暮らし方」へのこだわりがあります

536_ext_09_9.jpg

▲ご入居者同士やご家族とのコミュニケーションスペースとなる共用ラウンジ

536_ext_10_9.jpg

536_ext_09_7.jpg

▲安全と快適にこだわった居室。キッチンが付いているので簡単な調理も可能です

「ハイムガーデン」は、セキスイハイムが設計・建設を、介護サービスの実績を持つ「アイネット」が運営をしているサ高住です。だからこそ、全職員が介護資格を持っているのが強み。介護保険サービスでは補えないところを、生活支援サービスや選択サービスでまかない、親世代の生活全般を支える体制が整っているのは子世代にとっても安心できます。現在は、立川幸町(東京都)以外にも流山美原(千葉県)にて同様の取り組みを展開しています。住まいと暮らしの両面から、介護を予防し、健康寿命を伸ばすサポートをしてくれる……これほど心強い“家族”はありませんね。
 

536_ext_09_3.jpg

設置運営指導指針による表示事項

■所在地/東京都立川市幸町4-17-10■類型/サービス付き高齢者向け住宅 ■居住形態/賃貸借契約■利用料の支払い方式/月額払い■入居時の条件/ (1)単身高齢者世帯、(2)高齢者+同居者(配偶者/60歳以上の親族/要介護・要 支援認定を受けている60歳未満の親族/特別な理由により同居させる必要が あると知事等が認める者)(「高齢者」とは、60歳以上の者または要介護・要支 援認定を受けている60歳未満の者を言う)■居室区分/全室個室■運営/アイネット株式会社(セキスイハイムグループ) ■お問合せ先 TEL.042-537-8644(年中無休/10時~17時30分)

Tweet facebook share Email

掲載の記事・調査データ・写真・イラストなどすべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信などを禁じます。転載・引用に関する規約はこちら>>

アイネット株式会社(セキスイハイムグループ)