40歳を過ぎたらオヤノコト!ご一緒に、これからの暮らし、
親子のコミュニケーションを考えていくサイトです。

文字サイズ:

親のこと、老後のことのご相談はこちら
03-6265-0446

預金が凍結される前に知っておきたい 認知症になっても困らない財産管理の「6つのポイント

預金が凍結される前に知っておきたい 認知症になっても困らない財産管理の「6つのポイント

認知症になると、場合によっては預金が凍結され、家族といえどもお金を引き出せなくなることがあります。そうなると、資金はあるのに介護費用も賄えなくなる事態に。そうならないために、事前に知っておきたい「6つのポイント」をご紹介いたします。

ご自身が認知症になる前に、事前に対策を準備しておくことで、安心して老後を迎えることができます。また、親が認知症になってからあわてないよう、事前に対策を相談しておくことが大切です。資産が多い場合、そうでない場合。財産を子どもに任せるか、専門家に依頼するか。状況に応じたさまざまな方法があります。この分野の専門家が、事例を踏まえてご紹介いたします。

当日、質問のお時間もご用意しています。お気軽にご参加ください。

こんなお悩みをお持ちの方は、ぜひご参加ください。解決のヒントが見つかります

  •  
  • ・ご自身が認知症になった場合に備えておきたい親世代
  • ・親が認知症になった場合が心配な子ども世代
  • ・将来に備えて資産管理の方法を知っておきたいすべての世代

8月21日(日)のセミナー申込みはこちら↓

日 時:
2022年8月21日 (日) 13:30~15:00
場 所:
オヤノコト.ステーション
(新宿区市谷田町2-6-4 エアマンズビル市ヶ谷1階)
Google MAPで見る
費 用:
無料
※会場までの交通費は、各自でご負担をお願いします。
最寄駅:
東京メトロ有楽町線・南北線「市ヶ谷駅」5番出口より徒歩3分、
JR線・都営新宿線「市ヶ谷」駅より徒歩7分
定 員:
7名 ※要事前予約。定員になり次第、締め切ります。

【内容】
・本人が認知症になると、銀行預金が凍結されることも
・介護費用を、どうやって親の資産から捻出するか
・親に代わって子どもが親の財産を管理するには
・認知症の人の財産を管理するための6つのポイント

行政書士かわばた福祉法務事務所
代表  川畑静美氏
(行政書士。社会福祉士。家族信託専門士・コーディネーター)

【プロフィール】
相続・遺言・任意後見契約・家族信託を専門に扱う。専門職後見人として活動中
NPO法人くらしとお金の学校 会員

お申込み&お問い合わせ
オヤノコト.サロン事務局(株式会社オヤノコトネット内)
①オヤノコト.netにて ⇒申込フォームへ
②電話にて TEL.03-6265-0404
 (月~金11:00~18:00。土日祝日はお休み)


<ご来場される方へお願い>
「オヤノコト.ステーション」へご来社のお客様へのお願い(新型コロナウイルス感染症対策)

 

弊社個人情報保護方針についてはこちらをご覧ください。

本アンケートへの回答(送信)をもって、上記規約に同意のものとさせていただきます。

8月21日(日)のセミナー申込みはこちら↓